占いツクール
検索窓
今日:169 hit、昨日:727 hit、合計:14,714 hit

ページ33

岡本side

中「ねぇ、圭人?」



岡「ん?」



中「2人で歩くのってなんか、久しぶりじゃない?」



岡「たしかにね(笑)」



中「圭人はさ、能力のこと、どう思ってるの?」



岡「俺?…あんま考えたことないけど…植物さん達と話せるし仲良くなれるしで…嬉しい…かな?裕翔は?」



中「俺はね…実はと言うとわからないんだよね(笑)」←



岡「え?裕翔の力強いじゃん?」



中「なんか、いっつも山に頼っちゃうんだよね。敵がいたとしても山の火の力強いからさ…お願いしちゃうというか…」



岡「でも、裕翔氷もつくれるじゃん?熱湯にもすることが出来るし…バリエーション豊富で俺は好きだけどなぁ…裕翔の能力」



中「あははっ、そう言ってくれるの圭人だけだよ(笑)ありがと(笑)」



岡「本当のこと言っただけだよ(^-^)」



能力の話も終わり歩いていると海に出た。



波の音が気持ちいい…



「おい!なんでこんなとこにウミガメがいんだよ!!」



「どっかいけよ!!」



中「!?!?」



岡「え?ウミガメ???」←



いまいち状況が理解出来づらかったが防波堤を覗き込むと2人の少年が亀を棒みたいなやつでたたいていた。



中「こら!!何してんの君たち!!学校は!?」←



岡「いやそこ!?」←



「なんだよせーたかのっぽ!!」←



中「こんぐらい身長伸びてから言いなよ。ちびに言われたくないね」←



「ああん???」←←



岡「ギャッ!!裕翔何言ってんの汗」←



中「気になるじゃん?学校のこと」



岡「それもそうだけど汗」



何とか子供たちをウミガメから引き剥がした。



ウミガメを撫でているとふとあざに目が入った。



岡「……打撲っていうのかな…傷が…痛そう…」



中「圭人の力で直せそうな気もするけどな…」




岡「うん…やってみる。」

・→←岡島麻里菜さんリクエスト とりんとりん×JUMP



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (33 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
60人がお気に入り
設定キーワード:Hey!Say!JUMP , 能力
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

くーちゃん(プロフ) - りほさん» なんでやねん笑 (10時間前) (レス) id: f70e29d442 (このIDを非表示/違反報告)
りほ - そういえばこないだこけたw (12月7日 16時) (レス) id: 6632e5a6b8 (このIDを非表示/違反報告)
くーちゃん(プロフ) - りほさん» そうよー!やけん絶対大丈夫さ! 布団入るー!寝るー!おやすみぃ…← (12月7日 8時) (レス) id: f70e29d442 (このIDを非表示/違反報告)
りほ - よし、寝よう!さあ、布団に入って〜!ww (12月3日 21時) (レス) id: 6632e5a6b8 (このIDを非表示/違反報告)
りほ - あああああありりりりりがががががととととーーー!そうやね、大ちゃんが助けてくれるよねー! (12月3日 7時) (レス) id: 6632e5a6b8 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:くーちゃん | 作成日時:2019年10月18日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。