検索窓

-





─ 追憶 ─



過ぎ去ってしまったことに、思いを馳せること。















あなたの綺麗な顔が好きだった。

あなたの背中を追うのが好きだった。





────あなたを忘れたことなんて、なかったよ。








******






萌娜といいます^^





新しく小説を書くのは久しぶりな気がします。
自粛期間中なので、書いてみようかなと思いたちました。





さて、今回は初の鬼滅の刃に手を出してしまいます…ドキドキ…^^
鬼滅の刃は鬼も含めて素敵なキャラクターばかりで、それぞれのキャラクターの過去に涙してしまいますよね⋯!




さてさて、落ちはなんと、伊黒さん。
切ない恋物語になる予定です。



※おばみつ推してる人は注意
※都合のいい捏造話
※無限列車以降の話出てきます。ネタバレ注意






*


それではどうぞごゆっくり。

本作品にはパスワードがかかっています。
パスワードを入力して作品を閲覧して下さい。
パスワードが不明の場合は作者の方にお問い合わせ下さい。
 パスワード:  
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:萌娜 | 作成日時:2020年5月13日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。