占いツクール
検索窓
今日:19 hit、昨日:177 hit、合計:36,753 hit

166. side R ページ19

.









諦めがついたとか、つかないとか

もはやそういう事じゃなくて、どうしても俺が無理ならアイツに幸せになってくれなきゃ、俺の気が済まない。


願わくば、Aちゃんを幸せに出来るのは俺であってほしかった




…これから先も、多分ずっとそう思う。






玲『 いつまでクヨクヨしてんの? 』


隼『 別にクヨクヨしてない 』


玲『 小金澤さん、今日もAちゃんと飯行ってるよ 』


隼『 ふーん 』


玲『 いいのかよ 』


隼『 別に、上司との付き合いも仕事だって聞いたことあるし……てかなんで玲於がそんなこと知ってるわけ?嫌がらせ? 』


玲『 俺、色んな人の狭間にいるんだよね 』





小金澤さんとは、意外と付き合いあるんだ、俺。

Aちゃんが熱出したあの日、連絡先交換して、暫く連絡し合って、それからなんでかは忘れたけど急にサシで飯行って…


……マジでなんで小金澤さんとサシメシなんてしたんだろう?

それくらい自然な流れで仲良くなった


もちろん小金澤さんは俺がAちゃんを好きな事を知ってるし、俺も小金澤さんのことを知ってる





玲『 聞いてんの? 』


隼『 ごめんちょっと意味分からなかった 』


玲『 馬鹿は幸せ者だな。 』





余裕ぶっこいてると、痛い目見る。絶対。


この豚、1回くらい痛い目見ればいいんだ。









.

167. side H→←165.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (88 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
637人がお気に入り
設定キーワード:GENERATIONS , 小森隼
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆらら(プロフ) - この物語ほんとに好きです!!更新いつも楽しみにしてます!頑張ってください!! (9月19日 0時) (レス) id: 2a1bcd5b7e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:なーちゃむ | 作成日時:2017年9月17日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。