占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:105 hit、合計:70,405 hit

ズルい! 1 ページ16

『ただいまー』




この日もユリが空港まで送ってくれて、韓国に着いてからはタクシーで宿舎まで帰って来ました!




ジョンイン「ちょっと、Aヒョン!!」




玄関で靴を脱いでると、いきなりジョンインに肩を掴まれた

しかも、結構な勢いで…

ジョンインさん、痛いです…




『帰って来て早々何だよ…』

ジョンイン「何じゃないでしょ!?」

『何?オレ何かしでかした?』





何かされるようなことしてないと思うんですけど…?




ジョンイン「何で言ってくれなかったの!?
ズルいよ!!」

『何が?
話が何も見えないんだけど…?』

ジョンイン「コレだよ!コレ!!」




ジョンインが見せてきたのは、ツ〇ッターに上がっていた1枚の写真




『ああ、ソレね』

ジョンイン「ソレね、じゃないでしょ!?」

『ただいまー』

「「「おかえりー」」」



とりあえず、ギャンギャン吠えてるジョンインを無視www

リビングに行けば、数人のメンバーがくつろいでた





ミンソク「A、コーヒー入れたけど飲む?」

『飲むー♪』

ジョンイン「ちょっと!Aヒョン!!
人の話ちゃんと聞いて!!」

『だって、何が言いたいのか全然分かんねぇんだもん』




リビングのイスに腰かけてミンソクが入れてくれたコーヒーをすすっていると、ジョンインがピッタリと横に座った




ジョンイン「だから!コレなの!!」

『ソレが何だよ』

ジョンイン「ユリヤさんと知り合いなの!?」




そうジョンインが見せてきた写真は、昨日撮ったユリとオレ、そしてホソクが写った写真だ

それをホソクがツ〇ッターに上げたらしくて、それをジョンインが見せてきたんだ




『知り合いなの?って、この前話したろ?』

ジョンイン「この前っていつ!?」

ギョンス「ユリヤさんって、Aヒョンをグローバルオーディションに誘ったって言う幼なじみのユリヤさん?」

『そう。この前話したよな?』

ミンソク「ああ、電話かかってきたんだもんな」

ジョンイン「ああ!!あの時の!?」

『ほら、話したじゃんか』




どうやら、すっかり忘れてたらしいwww

ズルい! 2→←思わぬ所で 8



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (59 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
296人がお気に入り
設定キーワード:EXO , 男主 , メンバー入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

るーくす(プロフ) - ちとせ。さん» ちとせ。さん、初めまして!何度も読んで頂いてるそうで、本当にありがとうございます!!すごく嬉しいですし、励みになります(涙)サダリも書こうと思っていますが、もう少し先になりそうです…すみません(汗)ですが!必ず書きますので、それまでお付き合い下さい! (4月2日 13時) (レス) id: 7349a2fd34 (このIDを非表示/違反報告)
ちとせ。(プロフ) - はじめまして!面白くてつい何度も1から読んでます(笑)お忙しい中更新大変だと思いますが頑張ってください!!応援してます!るーくす様の長男ver.のサダリを見てみたいなと密かにずっと思っています(照)← (4月2日 10時) (レス) id: af0b614011 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:るーくす | 作成日時:2019年3月24日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。