占いツクール
検索窓
今日:13 hit、昨日:3 hit、合計:6,124 hit

他の人達にも試してみた 11 ページ11

というか……
マネージャーが、本来なら売り込んで上げなければならない芸人を落とすとか、本末転倒だろ…


何とも胸糞悪い、後味も悪い黒歴史だよ……



今は沖林さんがマネージャーで、今までの人達よりは信頼出来るけど……完全に信じちゃいないし。



「!?」


……そんな事を考えていた時、突然頭をわしゃわしゃ撫でられた。



「…先輩?」

「Aは、本当に良く頑張ったよ」
「…何でそう言い切れるんですか?」

「だって、前まで周りが最悪過ぎて誰も助けてくれなかったのに、味方がどんどん増えてってるじゃん」

「味方……」



確かに、後輩達がいてくれたから今こうして芸が出来る…のかもしれない。



「今までは周りの大人があまりにも酷かったけど、今は違うでしょ?」


「……そうですね」



「そうそう。だから今度は面白いエピソードがAの中で一杯増えると思うよー?
自分もしくは誰かの面白いすべらない話が待ってるよー?」




面白い、話……



「例えば、尾関さんが前までは電車の中で平気で弁当を食べてて、しかも箸を…」
「今はしないから、そんな意地汚い事!」


「例えば、尾関さんがルミネにあるサーバーの水を……」
「それは違法じゃないから良いだろ!というか誰も笑えない俺の話やめろ!」




…あー、何かこの人と話すのやっぱ好きだなぁ。
色々とおかしいのに、がさつなのに、正直な所が本当に好き。

いつの間にか、気分が晴れていく。




「やっぱ先輩は先輩だなぁ…」
「そうなの?」

「いっそ芸歴偽って下さいよ。30年ぐらいに」
「今の2倍に!?無理だよ!俺も高佐も何歳の時に芸人やってるのって話になるから!」


「あ、そうだ、今から一慈君の事先輩扱いしようっと。そうすれば名実共にギースさんは俺らの先輩に…(ここでフラグ立てるか)」
「ならないわ!やめろ!」



チッ…
何て強情な先輩だ……!(←人の事言えない)



「えー、良いじゃないですか!本人の俺が良いって言ってるんですからー」
「ダメだから!」

「何でですか!ライブの時とか思いっ切り「尾関先輩」「A」言いまくってるのに!」
「う…そ、それは……ラバーガールとか、本当に仲の良い人達の前しか…」


「いーや、この前吉本芸人やそこまで仲良くない芸人達の前でも言ってました!そして俺も先輩の事を「尾関先輩」と言いました!」
「自白!?」

「先輩だって皆の前で気付いたら言ってるじゃないですか!先輩の俺に「A」って!」
「ぐっ…!?」

他の人達にも試してみた 12→←他の人達にも試してみた 10



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (7 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
7人がお気に入り
設定キーワード:芸人 , 番外編 , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

氷柱(プロフ) - 椿さん» コメントありがとうございます!とても励みになります!これからも頑張りますのでどうぞよろしくお願いしますm(__)mもしリクや出して欲しい鯨/任さん等のご要望があれば気軽にコメントにどうぞです(*^-^*) (6月4日 5時) (レス) id: fe9f990ab3 (このIDを非表示/違反報告)
椿 - いつも楽しく拝見させていただいております!お話とっても面白いです(^ ^) (6月4日 1時) (レス) id: 25f5dbf747 (このIDを非表示/違反報告)
氷柱(プロフ) - test (5月3日 20時) (レス) id: fe9f990ab3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:氷柱 | 作成日時:2019年4月26日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。