占いツクール
検索窓
今日:130 hit、昨日:215 hit、合計:10,406 hit

2 ページ34

『きみたちみんな兄妹?』


「そうだぜ!」



『仲良いのね、サッカー興味ある?』


「ある!!」「(あん)ちゃんがやってんだ!」



(あん)ちゃんって君のこと?』

この中で1番大きな男の子にそう問いかけると



「いや、もう1人(あん)ちゃんがいるんだ!」

そう返答がきた




「ねえさっきの技もう1回見せて!」


この中では小さい方の男の子がそう言ってきた


『いいよ、見てて』

ほい、っよっと!、とさっきと同じようにリフティングをみせるとまたもやキラキラした目で見てくる



『あははは、そんなすごいもんじゃないよ、練習すればきみたちだってすぐできる』


「ほんとに!?」


『うん、ほんと』



わーーい、とこれまた息ぴったりに歓声をあげるこどもたち






.





「っと!よっ!、っわぁ!!できた!!」


「っよっと!っ俺も!」


俺も俺も、と次々にできるようになるこどもたち




出来るようになるまでかれこれ数時間やっていて、気づけば夕焼けが見える時刻になっていた



『ほらね、できたでしょ?』


「「うん!」」

「ありがとう!」




『ほら、そろそろ帰らなきゃお家の人心配しちゃうんじゃない?』


「あ!ほんとだ!(あん)ちゃんが帰ってくる!」



やべぇやべぇ、とぱたぱた砂浜を駆けて帰っていくみんな


そして、あっ、と思い出したかのように振り返ってきた



「ねえちゃんありがとう!楽しかった!」

「またサッカーおしえて!」

「次はちがうのもやりたい!」


『うん!またね!』

「「ばいばい!」」



なんともかわいらしく去っていく子たちだった


見知らぬ島で見ず知らずの子供たちとこんなに打ち解けられるとは自分でもびっくりだ





『なつかしかったなぁ、、』


無邪気に、だけど真剣にサッカーするみんなの姿はなぜかわたしを懐かしくさせた




『早く終わらせなきゃよね、こんなこと』



自分に言い聞かせるように呟いて立ち上がる



土方さんももうさすがに帰っているだろうと思い、昼に教えて貰ったお家へ向かう

3→←1



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (38 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
117人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

紅蘭 - 私は2でお願いします (5月8日 19時) (レス) id: c9c79794b0 (このIDを非表示/違反報告)
リンゴ(プロフ) - 2をお願いしますm(*_ _)m (4月26日 19時) (レス) id: 92d1256844 (このIDを非表示/違反報告)
シャーレン(プロフ) - 藤雪さん» ありがとうございます!お互い体調には気をつけなきゃですね、、 (4月5日 17時) (レス) id: d472852505 (このIDを非表示/違反報告)
シャーレン(プロフ) - Nikoさん» ありがとうございます。こちらこそ嬉しいです! (4月5日 17時) (レス) id: d472852505 (このIDを非表示/違反報告)
シャーレン(プロフ) - moekaさん» ありがとうございます。がんばりますね! (4月5日 17時) (レス) id: d472852505 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:シャーレン | 作成日時:2019年8月16日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。