占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:3 hit、合計:113,349 hit

_2 ページ20

あれから一週間ほど経ってから、

君から電話が来た。

内心ドキマギしながらも、
いつも通り平然を装って電話に出る。


「もしもし?」

「おー、郁。明日空いてへん?
この前、お前の誘い断ったから。」


こうやって、ちゃんと穴埋めしてくれるところも好き。

でも…

「ごめん、明日は無理やわ」

ここの所撮影続いてて、全然休めてないみたいだし、それに君はきっと、私なんかといるよりも他にやる事があるはず。

思えば思うほど、自分に自信がなくなる。

こんな私が、君の隣になんていていいんだろうか、と。

「そっか、じゃあいつ空いてる?」

「いつも…空いてない」

「え?」

電話越しに君の困惑した声が聞こえる。

(ああ、私はなんで君を困らせることしか出来ないの)

「いっくん、私なんかと一緒にいるより、他にやる事沢山あるんやろ?
私のことは、気にせんでええから」

「意味わからんわ」


いつもと違う、重たく低い声が響く。

(きっと、面倒臭いって思われた。嫌われた。)




「俺は、お前に会いたいから誘ってんねんけど」

「え?」

「何を勝手に勘違いしてるんか知らんけど、お前と一緒におって、嫌だなんて思ったことないし、むしろ一緒にいたい。
隣にいて欲しい。」

「何言って…」

「好きや言うてんの!」


私の言葉を遮る君の声。


「本気?」

「当たり前だわ!」

"お前は、どうなん…?"
恥ずかしそうに、小声でそうつけくわえられる。

そんなの、
答えは一つに決まってる。









__「私も好き」

present for you《そらちぃ》→←その瞳《いっくん》さくらんぼ!さんリク



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (73 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
268人がお気に入り
設定キーワード:Youtuber , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

クロハ(プロフ) - ありがとうございます…最高です… (2017年8月7日 14時) (レス) id: 6a4238f2b9 (このIDを非表示/違反報告)
ゴリラ - ありがとうございます(´;ω;`) (2017年8月4日 18時) (レス) id: 874f7f8e04 (このIDを非表示/違反報告)
瀬名(プロフ) - クロハさん» わかりましたー! (2017年8月4日 15時) (レス) id: b502a9e7b5 (このIDを非表示/違反報告)
クロハ(プロフ) - またまた失礼します(*´-`)エイジ君で甘めなのお願いできますか? (2017年8月4日 2時) (レス) id: 6a4238f2b9 (このIDを非表示/違反報告)
瀬名(プロフ) - 翡翠さん» 本当ですか!そういっていただけて嬉しいです。これからも応援よろしくお願いします! (2017年8月1日 20時) (レス) id: 60b5c0e445 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:瀬名 郁 | 作成日時:2017年4月7日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。