占いツクール
検索窓
今日:11 hit、昨日:16 hit、合計:62,407 hit

escape with you《エイジ》みなみさんリク ページ11

賑やかな会話。

少し酔いが回った頭。

今日はアバンティーズの4人に誘われて、皆で飲みに来ている。

皆、程よくお酒が回っていて、弾む会話。
それに私は相槌を打つ。

飲みかけのグラスに手をかければ、
ニコニコ笑顔のツリメくんに話しかけられた。

「Aちゃん、酔ってる〜〜?」

「わっ、」

私の腕にもたれ掛かってくる彼の頬はほんのり赤く染まっていた。

(これは完全に酔ってるな…)

「ツリメくん、ちょっと、重たいよ〜〜」

必死に腕から引き剥がそうとするも、ガッチリと腕をホールドされていて離れない。
"いいじゃ〜〜ん"なんて、私の腕に頬を擦り寄せてくる彼が猫みたいで、ちょっと可愛いなとか思ってしまう私も、多分酔ってる。

「あんま飲みすぎないでね?ツリメくんお酒弱いんだから」

(もう手遅れか…)


(……!?)

不意に、椅子についていた手に、体温を感じる。
ビックリして隣を見れば、何事もないかのようにグラスのアルコールを飲み干すえいちゃん。

「………」

(なっ、なにこれ…!!)

この状況に、私たち以外誰も気づいていないようで、そらくんやりっくんがいつもの調子で話しかけてくるけど、

(今はそれどころじゃない…!!)

重ねられた手に意識を持っていかれ、会話の内容なんて全然頭に入ってこなくて。
適当に相槌を打っていると、

「Aちゃん、大丈夫?ほっぺ真っ赤だよ」

(全然大丈夫なんかじゃ無いけど…)

「やだ、酔っちゃったかな」

"あはは"と笑えば、"程々にね"とりっくんに怒られた。

「私、ちょっとトイレ…」

えいちゃんの手を解いて、席を立つ。
トイレで鏡を見れば、映る私の顔は赤く火照っていた。

(全部えいちゃんのせいだ…!)

ハンカチで顔を仰ぎながらトイレを出れば、
そこには、ムスッとしたえいちゃんが立っていた。


「ついてきて」


それだけ言って私の腕を掴むと、強引に店の外へと連れていかれた。

_2→←めんどくさいなんて言わないで《トミー》



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (73 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
274人がお気に入り
設定キーワード:Youtuber , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

クロハ(プロフ) - ありがとうございます…最高です… (2017年8月7日 14時) (レス) id: 6a4238f2b9 (このIDを非表示/違反報告)
ゴリラ - ありがとうございます(´;ω;`) (2017年8月4日 18時) (レス) id: 874f7f8e04 (このIDを非表示/違反報告)
瀬名(プロフ) - クロハさん» わかりましたー! (2017年8月4日 15時) (レス) id: b502a9e7b5 (このIDを非表示/違反報告)
クロハ(プロフ) - またまた失礼します(*´-`)エイジ君で甘めなのお願いできますか? (2017年8月4日 2時) (レス) id: 6a4238f2b9 (このIDを非表示/違反報告)
瀬名(プロフ) - 翡翠さん» 本当ですか!そういっていただけて嬉しいです。これからも応援よろしくお願いします! (2017年8月1日 20時) (レス) id: 60b5c0e445 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:瀬名 郁 | 作成日時:2017年4月7日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。