占いツクール
検索窓
今日:58 hit、昨日:189 hit、合計:108,811 hit

61. ページ13

side...Alan







亜「お腹痛いって伝えててくれたの?」






小さなショルダーバッグからパフを取り出して、背伸びしながら化粧直しをする






『なんて言えばいいか分からなかったので』









亜「、、あのさ、」









『はい、出来ました!急いで皆さんの元へ行ってください。』









亜「、、、さっきは『本番は俺の事だけ見てればいいんですよね?』









さっきの俺のニンマリを今度はAちゃんがしていて、







目の前にいる彼女を抱きしめたい衝動を必死に我慢する









『お客さんやファンの方を楽しませてください。白濱スマイルで。』









どうしてだろう









亜「あー、パーフェクトに決めてくるから



絶対俺だけ見ててね!」








『はい』







亜「他のメンバーもダメだからね」







『はい』








亜「感動したら、、







ご褒美ちょうだいね








行ってきます!!」








『は?!え!ちょっと!!』









Aちゃんの一言でこんなにも心が晴れるんだろう









最高にかっこいい俺を









ちゃんと見ててね








.

62.→←60.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (80 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
566人がお気に入り
設定キーワード:白濱亜嵐 , generations , LDH
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:nohana | 作成日時:2019年5月22日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。