占いツクール
検索窓
今日:398 hit、昨日:1,299 hit、合計:401,022 hit

デジャブ・・・からの23 ページ23

いつものごとく助手席を開けてくれる安室だが、助手席を難しい顔をしてみているAに「どうしましたか?」と尋ねる。
安室はAが車に乗ることを躊躇している事に気づいて困ったように苦笑した。

「やはり、事件の事。黙っていたことについて怒っていますよね」

怒っているわけではない。
ショックを受けているだけだ。
先ほどの事情聴取の最後に質問した内容に対しての佐藤の表情で分かった。
上層部からの圧力=警察庁=ゼロ
コナンの世界が好きなAにとってこの式は瞬時に考えついた。
それは安室が意図的にAを囮として使ったことを意味する。

これまで同じ職場で殆ど話すことができなかったが、それでもAと話したいからと安室からわざわざ早朝迎えに来てくれる程少しは仲が良くなれたと思っていた。
だが、それもAの思い込みだったことを今回の事件で思い知る。

安室は潜入捜査官。本心は見せてはくれない。
潜入先で沢山の人と仲良くなって、いろんなところから情報を得ようと常に目を光らせている。
今回の様にこの国を脅かす犯罪者を捕まえるチャンスがあれば多少の犠牲は厭わないだろう。
それもこれも。すべてはこの国の為。

その多少の犠牲が今回Aに当たっただけの事。
まぁ実際怪我はしていないからいいんだけど。
それでも、Aが思っている以上に安室とは上辺だけの関係だったことを実感した。
毎日が平和すぎて、安室が警察庁の潜入捜査官だと言う事をすっかり忘れて楽しんでいたAが悪い。
おかげでショックで潰れそうだ。
こんな気持ちになりたくなかったから傍観者・・モブの中のモブでいたかったのに。
気づいたらちょっと彼らの世界に片足突っ込んでるわ。危ない危ない・・

――よし。今からでもすべてのフラグと思われるフラグをたたき折ろう。

そう決意して、安室を見る。
黙ったままのAを不安そうに見ていた安室が急に頭を上げたAに少しビックリする。
そんな安室が年齢に似合わず可愛いなと場違いなことを考えながら安室に微笑む。

「今日は危ないところを助けてくれてありがとうございました。理由が何であれ、私が助かったことは事実です。何も知りませんでしたが、こんな私でも役に立てたようで、指名手配犯を逮捕できて良かったです。安室さんの申し出は嬉しいですが、少し一人になりたいのでここで失礼しますね」

メインの人たちとは程よい距離を保つからこそこの世界は楽しいのだ。
私は傍観者でありたいんだ!

デジャブ・・・からの24(安室side)→←デジャブ・・・からの22



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (510 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1806人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

うさまろ(o^^o)(プロフ) - 続きがとても気になる作品です。更新頑張ってください! (6月9日 11時) (レス) id: 710cd8956c (このIDを非表示/違反報告)
丸井(プロフ) - フラグ…フラグだ!!逃げて主人公ちゃん! (6月6日 22時) (レス) id: 08724b31ed (このIDを非表示/違反報告)
- 梓ちゃん良かったね!続き楽しみにしてます! (6月6日 14時) (レス) id: 3bc0209618 (このIDを非表示/違反報告)
まい(プロフ) - とっても面白いです★続き楽しみにしてます。お身体に気を付けて更新頑張ってください! (6月1日 4時) (レス) id: a6e5e5f5e4 (このIDを非表示/違反報告)
- 梓ちゃん頑張れ!!ワイ応援しとるで!!続き楽しみにしてます!最高の作品ありがとうございます!!楽しみだわぁ…… (5月31日 20時) (レス) id: b523bf60c6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:紫暗 | 作成日時:2019年5月21日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。