占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:1 hit、合計:30,396 hit

ページ17

湧き水が辺りにたまって、雨上りの水溜りみたいな、小さな池ができつつあった。
どうやら先客がいたようで。
小さな茶色の翼をもった野鳥が、水をついばんでいる。

「お邪魔しまーす」

小声で言ってから。
私は小さな池にひょうたんの吸い口を浸した。


*
無事に水を汲み終わって。
私は来た道を急ぎ足で戻った。
お腹がすいていたから、早く朱ノ姫のお結びを食べたかったし。
青蘭も待っているだろうから。

「はぁ、はぁ」

そんなに歩いてないのに、急いだから少し息が上がった。
獣道を殆ど登りきって、開けた頂上が見えた。そこに、大きな岩と青蘭の姿。
青蘭が、立ち上がって足元を見つめて、なんだか真剣な気を放っている。

(……あれ?)

私は違和感を覚えた。
青蘭の神気以外に、私のよく知る気配を感じた。
それは彼の足もと。
彼が見つめる地面から立ち上っていた。

(この神気は……)

私がこの気を間違えるはずがない。
私の大切な人の気配。……大鵬の神気だった。

私は自分の気配を消して、そっと青蘭に近づくことにした。
青がいつになく真剣な様子で、足元の神気に向かって口を動かすのが見えたから。
いったい何の話をしてるのか。
少し好奇心がうずいたりもしていた。



*
「……じか?」

「はい。俺たちは大丈夫です。Aも怪我ひとつしていません。今は美濃の山にいます」

岩場に近づくと、青蘭と大鵬が会話しているのが聞こえた。
青の足もとにはいつの間にか小さな水たまり。
そこから大鵬の気配がする。

(あぁ、そういうこと)

私は岩の陰に隠れて、青の様子を見た。
その手に青いひょうたんが握られている。
あそこには、きっと、館の周り……大鵬の神気を帯びた水が入っていたのだろうと想像がついた。
だから水を通じて大鵬と会話ができる。
青も人が悪い。……大鵬と話すなら、私も一緒の時に話してくれればいいのに。

(……私は大鵬の花嫁なのに)

ちょっと、嫉妬してしまった。

少し文句を言おうと岩陰から出ようとした。
そこで、私の足は止まってしまった。

「我の方は今、朱(あけ)が打って出ている」

――朱が打って出ている。

(……どういうこと?)

一瞬頭が働かなかった。

「お前たちのもとには、誰一人と近づけぬ! と張り切っておった……」

さらに大鵬に言葉は続く。

「朱……あの、ババァ……」

青の声は苦虫を噛み潰したように辛そう。
絞り出すような声。

▼→←一七章『終わりの刻(とき)は、突然に』



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (63 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
54人がお気に入り
設定キーワード:和風ファンタジー , 妖怪 , 羅刹   
作品ジャンル:ファンタジー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

一花(プロフ) - 零玲飛(れいれと)さん» コメント有り難うございます。そう仰っていただけ、非常に嬉しいです。ここまで目を通してくださったことに感謝します!! 本当にありがとうございます。 (2015年1月28日 21時) (レス) id: c6c51ef31b (このIDを非表示/違反報告)
零玲飛(れいれと)(プロフ) - 感動して泣くかと思った。お疲れ様です。 (2015年1月22日 20時) (レス) id: 0bd3908221 (このIDを非表示/違反報告)
一花(プロフ) - 光珂さん» ありがとうございます。……誤字量の多さが(-_-;) しっかり読んでくださり感謝します。また、後日直します。そして、番外編の件……有り難うございます! おそらくひと月以上開けて、とか忘れたころになるかと思いますが、宜しければ、お願いいたします(多謝) (2015年1月15日 22時) (レス) id: c6c51ef31b (このIDを非表示/違反報告)
光珂(プロフ) - (続きです) 43話目の下から9行目 「まずはこのの人の」→「まずはこの人の」 だと思います! 一応番外編までは確認しようと考えておりますが、もし本編のみで良ければ返信くださると助かります。あ、遠慮はなさらないでくださいね。 (2015年1月4日 2時) (レス) id: 21af548d66 (このIDを非表示/違反報告)
光珂(プロフ) - 深夜にすみません。 37話目の下から16行目 「それだだけ」→「それだけ」。 40話目の13行目 「私をの力を」→「私の力を」。 同じく下から8行目 「温かな光のなで」→「温かな光の中で」。 41話目の9行目 「大鵬のい気配」→「大鵬の(いる)気配」。 (続きます) (2015年1月4日 2時) (レス) id: 21af548d66 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:一花 | 作成日時:2014年8月31日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。