占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:108 hit、合計:474,004 hit

百七十四振 ページ45

人影は、声を殺しながら俺に尋ねた。

?「君の本丸の…

僕の仲間だった皆は、元気にしているかい?」

離れてもまだ、残された彼等が心配でたまらなかったらしい。

仲間だった、というのも悲しくなる。

ならば。

『…自分の目で確かめる気は?』

?「…どういう意味だい?」

『分かってんだろ?』

?「…駄目だよ

危険すぎる」

『大丈夫だって』

?「それに

あの人から逃げられる訳…」

『そこも問題ない

こちらには人質(彼奴の娘)がいる』

そこまで言うと、彼はため息をついた。

そして、再び俺を見る。

覚悟を決めたらしい、いい目をしている。

よし。

?「僕はどうすればいいんだい?」

『俺の刀を探して来てくれると助かる

誰か来てくれれば、脱出は自力で出来る』

?「…分かった」

彼はそう言って、部屋から出て行った。

出会ったばかりの彼を信じるのは些かリスクがありすぎるが、まぁ信じるしかない。

信じる者は救われるっていうし。

さて、待機しますかね…


「もう気が付いてたか

やるじゃないか」

『…うげっ』

部屋の扉が開いた。

入って来たのは鶴丸。

…まただ、この嫌な感じ。

何なんだよ本当、全身から硫化水素でも放出してんのか?

『何なんだよお前ら、何で揃いも揃って寝不足なんだよ

俺追っかけ回してる暇があるなら寝なさい、膝枕したげるから』

「これでも1日10時間は寝てるぞ」

『寝過ぎだよ!!8時間で起きろ!!』

寝不足じゃない…?

じゃあ何で目赤いんだ?カラコンか?

…まさか喰種…!?←

「まぁ、俺の睡眠時間なんてどうだって良いじゃないか

どうせ君は俺に抱かれて屈辱のうちに死ぬんだから」

『What!?』

コイツ今何つった!?

抱かれる!?俺が!?コイツに!?

HAHAHA、冗談だろ…?

脚も拘束されて動けない俺の上に覆い被さるように馬乗りになると、鶴丸は羽織を脱いだ。

ヤバイ、コイツ本気だ…

『ヤメロ!!俺はそっちには興味ねぇんだよ!!

同性には興味ございません!!』

「なぁに、直ぐに病みつきになる

痛くはしないから俺に任せろ」

『ヤメテー!!イヤー!!』

鶴丸は俺に構わず、首元に顔を埋める。

が、直後に顔を上げると、俺の拘束を解き始めた。

『え、何!?

怖いんだけど!?何する気!?』

「気にするな

やはり自分で抑えつけたほうが興奮するんだ」

『何コイツ超怖い!!』

…待って。

チャンスじゃね?これ。

(´-`).。oO(明日続編作ります)

(´-`).。oO(愚痴ります)→←百七十三振



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (369 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
635人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 男主 , ブラック本丸
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

人柱アリス(プロフ) - 一之瀬 神夜さん» 惚れてくれてもええんやで???(ダミ声) (3月25日 16時) (レス) id: b6f2351a1d (このIDを非表示/違反報告)
一之瀬 神夜(プロフ) - 何ここの作者超イケメン惚れるわ(^o^)バカヤロウwwwwww (3月25日 14時) (レス) id: e1f55013ea (このIDを非表示/違反報告)
ヰの四肢(プロフ) - 俺に!!抱かれて!!死ぬ!!!ご馳走様です!!!!!屈辱の内に死ぬ!!ご馳走様です鶴丸師しょあっ愛刀さんちのいちにいさんいつのm (2015年11月10日 22時) (レス) id: 249c7ebf45 (このIDを非表示/違反報告)
人柱アリス(プロフ) - 続編出来ました!! (2015年11月10日 20時) (レス) id: d51fb2b2a8 (このIDを非表示/違反報告)
人柱アリス(プロフ) - 颯真さん» おお、お久しぶりです!まんばちゃんいらっしゃい!!← (2015年11月10日 20時) (レス) id: d51fb2b2a8 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:人柱アリス | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2015年9月27日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。