占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:85 hit、合計:21,026 hit

素直な気持ちを素直に感情として顔に出すのは大切である。 ページ37

「ん……」



あれ、何してたんだっけ。



Aは寝起きの頭で必死に考えようとする。
思考を巡らせる中、声が届く。


「おそようさん。どんだけ寝てンでィ、Aは。」


総悟だった。壁にもたれて立っており、頭には包帯が巻かれ、頬にはガーゼが貼られている。そこで眠る前までの記憶がやっと蘇った。


A「あ……そうごさん。お、おはよう?ございます。今…何時…ですか…?」


総悟「今は昼の3時でさァ……っ…」


すると、総悟がAの方に近づいてきた。


A「そ、総悟さん?どうしたんですか?ちょっ、えっ、ストップストップ!」



ギュッ……



A「へ……?」


Aは総悟に抱きしめられていた。


A「そ、総悟さん?どうしたんですか。く、苦しいでs…」


総悟「よかった。……Aが、あっちに行かなくて、よかった。Aが無事で、本当によかったでさァ…もう、どこにも行かないで下せェ…ずっと、俺と一緒に…」



ヒック…



総悟「!?A!?」


A「ごめ…なさ…め…わくかけて、ほんとに…グスッ…ごめ…なさ……こんな…ケガまでさせて…」


ボロボロと止めどなく涙を零しながら、総悟の、ケガをしている頬に優しく手を添える。


総悟「っ………!な、何言ってンでさァ。土方も言ってたろィ。迷惑なんかじゃねェよ。
それに、こんくれェのケガでAが助けられたならそれでいいでさァ。
……Aが帰ってこなかった方が、よっぽどツラいンでィ…」



ギュッ……



総悟はそう言いながら、更に強くAを抱きしめ…たのではなかった。
抱きしめていたのは、Aの方だった。



A「あり…がと……」


Aは言った。そして、


A「…これからも…これからもずっと…よろしくおねがいします。」



顔を上げ、総悟を見ると、フワリと笑ってそう言った。


総悟「!…あァ、もちろんでさァ。もうヤだって言っても、離しやせんぜェ。」




そう言って、Aがもうどこにも行かないようにと、今までで1番強く抱きしめたのだった。






















































近土銀新神「「「「「いつ入れば……」」」」」

5人は、中をこっそり覗きながらお互い顔を見合わせていた。

骨折り損のくたびれもうけ。(笑)→←初出勤は気張らずにいきたいが、気張らなさすぎるのもいかがなものか。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
24人がお気に入り
設定キーワード:銀魂 , 万事屋,真選組 , 愛され
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:*kuro* | 作成日時:2019年6月9日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。