占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:36 hit、合計:85,145 hit

21 *Ren* ページ21

顔を上げると、そこには








廉「あなたは…」


紫耀「…王子。ちょっとこちらに来ていただいてもよろしいでしょうか」









彼女に門限を伝えた、あの時の男が立っていた。


彼はきっと、オレたちの味方。なぜだかわかんないけど、直感的にそう感じたオレは









廉「…はい。じん、行こう」


勇太「はい」









じんと2人で、彼についていった。


階段を上り、長い廊下を進むと、なぜか1番奥の部屋のドアが棒で抑えてあって









紫耀「これ…あの女たちがやったんです」


廉「え…?」









オレは、衝撃的な事実を聞かされた。









紫耀「Aちゃんは父親の連れ子なんですけど…その父親が単身赴任になってから、ずっとあの女たちにお手伝い扱いされてて」


廉「…」


紫耀「でも」









紫耀「そんなAちゃんが、どんなに疲れてても…王子の話をするときだけは、すごく嬉しそうなんです」









彼はオレのほうに向きなおると、真っ直ぐな目で









紫耀「…どうか。Aちゃんを、幸せにしてあげてください」









そうお願いしてきて









.









廉「はい。絶対に、幸せにします」









.









オレの答えはもちろん、これ1択だった。

22 *Ren*→←20 *Ren*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (147 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
497人がお気に入り
設定キーワード:永瀬廉 , キンプリ , こめこ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

こめこ(プロフ) - coffeeさん» コメントありがとうございます。泣いちゃった…笑 (7月1日 16時) (レス) id: f9ee88ee9b (このIDを非表示/違反報告)
こめこ(プロフ) - ke_mero16さん» コメントありがとうございます。素敵なお話だなんて…嬉しいです(;;) (7月1日 16時) (レス) id: f9ee88ee9b (このIDを非表示/違反報告)
coffee(プロフ) - じ、じ、じ、神宮寺・・・(´;ω;`)ウゥゥ (7月1日 16時) (レス) id: 7a650646ca (このIDを非表示/違反報告)
ke_mero16(プロフ) - ハナミズキ切なくて素敵なお話でした! (7月1日 10時) (レス) id: 14c9868b6f (このIDを非表示/違反報告)
こめこ(プロフ) - 黄色好きさん» すみません、お返事したつもりが、送信されていないままでした…コメントありがとうございます。ほんとに、シンデレラって永遠の女子の憧れって感じしますよね。私もこんな恋してみたいです…笑 更新頑張ります! (6月18日 0時) (レス) id: 6cd2bffc8e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:こめこ | 作成日時:2019年6月10日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。