占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:5 hit、合計:6,966 hit

3話 ページ4

煉獄side


俺はもともと、刑事だった


しかし半年であり得ないほどの事件解決をしたため、ありもしない噂をながされ、俺は
好きだった仕事を出来なくなった


しかしここの社長にある依頼をされ、刑事をやめてこここの社員として働くことになった



その依頼は





『ファッション企業フリーズは、どうやら私たちと
手を組みたいらしいんだ。


しかしあそこは、素直じゃない。
素直に共同事業を持ちかければ快く了承するのに、
そうしようとせず、近年怪しい動きばかり見せている


そのうちスパイを潜入させてくると思うんだ。


杏寿郎、君にはそのスパイを見つけて欲しい。」






おれは必ずやこのスパイを見つけ、世間での信頼を取り戻す!




「よもや、がんばらなければな!!」

4話→←2話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (14 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
137人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 煉獄杏寿郎 , 恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

rinshuni(プロフ) - Mizukiさん» すみません!ご指摘ありがとうございます。修正しました。 (1月10日 6時) (レス) id: 9e42cd99bf (このIDを非表示/違反報告)
Mizuki(プロフ) - 煉獄の煉違いますよ? (1月10日 0時) (レス) id: 8037349e92 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:rinshuni | 作成日時:2020年1月3日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。