占いツクール
検索窓
今日:19 hit、昨日:7 hit、合計:80,048 hit

#9 ページ10

俺は今悩んでいる。




これは俺が眠る前の話になる。

かつて俺は軍人だったからそれなりに人の命を奪う経験はあった。

しかし、王国軍を抜け、革命軍に入った後、人を殺める数が異常に多くなった。

他にもたくさん仲間はいたが、俺は異常だった。

気がする。



いつも側にはフューラー様がいて、気がつくと
俺は血の海の真ん中に立っている。


何故こんなことが起きているのかはよくは分からなかった。


俺はこの力が怖くなって手放したくなった。

ナイフを自分の意思で振ったことがない。
あれは本当だ。


俺が意識を失っている間に、きっと何かが俺の頭を支配して俺じゃない誰かになっている。


自分では制御できない力を持つのが嫌だった。


どうしたら手放せるか分からなくて、

W国が我々国に変わった数年後、俺は自ら命を手放した。






…筈だったのに、戻って来てしまった。

正直もう死にたい。



制御出来ない力を使うことがどれだけ恐ろしいことから誰にも分からないだろう。



だが自ら命を絶ってもこの国は他国に負けない圧倒的な技術力で俺を蘇生させるのだろう。



そこで俺は思いついた。

蘇生出来ない感じで誰かに殺してもらおう!と。



しかし、英雄を殺したがる奴なんてそうそう居ない…

俺は途方に暮れていた。


もう諦めてフューラー様に従おうか、命を絶とうか俺は今悩んでいるのだ。


ci「Aさん!お身体の具合はどうですか?」


俺に話しかけてくれたのはチーノさん。
…俺を起こした人の内の1人。

以前軍医のリーダーだったしんぺい神さんから
リーダーを引き継いだらしい。


『チーノさん。質問があるのですが』

ci「なんでしょう!」


チーノさんは人当たりの良さそうな笑顔を向けてくれる。


『…俺に1番興味が無いのはどなたですか?』


俺が聞くとチーノさんは少し驚いてから

顎に手を当てて考え始めた。



ci「僕の知る限りでは1人いますが…」

『教えてください』


俺に興味が無い人を探さなければ…
俺は戦線に送り込まれてしまう…。


ci「ショック受けるかもしれませんよ?」


『いや、大丈夫です』


むしろ喜ぶ。


ci「ではお伝えしますね。実は__」


俺は固唾を飲む。

一体誰なのだろうか。








.








.









.









.



ci「僕なんですよね〜!」








『…本当、ですか?』


ci「申し訳ないのですが…本当です」



決まった。


この人にお願いしよう。






_

#10→←#8



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (209 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
622人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , 男主 , 軍パロ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ひゅう(プロフ) - やば、めちゃくちゃ面白いです!これからもがんばってください! (6月9日 20時) (レス) id: 11002cd545 (このIDを非表示/違反報告)
竹介太郎(プロフ) - この小説最高っす…面白すぎてヤバイ()更新頑張ってくだせぃ(ロ)ゞ (6月7日 18時) (レス) id: 48891dbb4c (このIDを非表示/違反報告)
ゆな - 更新されてる!?ヤッタァ!この後の展開どうなっちゃうのー!← 相変わらず小説作るのうまいっすね神っすね← (5月16日 18時) (レス) id: 701acce8ac (このIDを非表示/違反報告)
さささ(プロフ) - ゆなさん» ありがとうございます! (5月16日 9時) (レス) id: 328f3541a2 (このIDを非表示/違反報告)
ゆな - 見返したんですけど結局神でした!はい、いや別に一回一回見るたびにコメントしなくてもいいかもしれないけどなんかすげぇ!ってなってここにかきたくなるんですよねw多分神だからだと思う!更新頑張ってください!またまた言いますけど応援します! (5月11日 13時) (レス) id: 701acce8ac (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さささ | 作成日時:2020年3月29日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。