占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:1,576 hit

ページ2

翔side

朝ごはんまで新聞を読んでると

成「おはよーごはん出来たよ」

「お!待ってました♪」

成「起こしてくれてよかったのに( ˊᵕˋ ;)」

「急いでないから待ってよ〜と思って」

あの事故が起こってから、両親達が家と家を廊下で繋いだんだよ、その横にリビングもあるんだよ

智「おはよう」

「おはよ〜はやいね」

智「ちょっと打ち合わせでね」

そっかそか

雅「おはよー翔も早いねーいつも寝てるのに‪w」

「目が覚めちゃって(--;)潤たちは?」

雅「潤は昨日遅かったみたいだよ?だから寝てる」

「そうなんだ」

祐「おっはよー!」

朝から元気だな〜

祐「翔兄時計鳴ってたから止めといた」

「まじ?ありがとう」


朝ごはんは忙しい潤に代わり雅と成がしてくれるんだ、夜は2人か潤のどちらかだけどね

日常→←設定



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
8人がお気に入り
設定キーワード:家族 , , NEWS
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:美渚 | 作成日時:2019年6月15日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。