占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:91 hit
彼の地はかつて強大な国だった。

人々は爐修讚瓩鮨世反鬚瓠⊃仰した。

誰が悪なのか、過去となってしまった今となってはどうでも良い。

彼の地は、ただ信頼していた。

信頼は時に、利用され裏切られる。

しかしそれでも尚、彼の地は信じていた。

犢餃瓩箸靴得犬泙譴深分を。狄祐岫瓩箸靴得犬た自分。愛してくれた者達を。


長い刻を経て、止められた物語の歯車がゆっくりと動き始める。


〇●



オリキャラ約3名出ます。

世界会議は国名、その他は人名。

人名が無い国には、暇犬が勝手に考えたそれっぽい人名にしています。

本家様、実在する国・軍・人物等とは一切関係無いです。

歴史上の事件・戦争等を誹謗中傷あるいは美化することを目的としたものでもありません。執筆状態:連載中



おもしろ度の評価
  • Currently 0.00/10

点数: 0.0/10 (0 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:暇犬 | 作成日時:2017年5月28日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。