占いツクール
検索窓
今日:106 hit、昨日:90 hit、合計:107,187 hit

・3 ページ14

チャンミンは、きっと私を裏切ってた


あの二人が一緒に居た事実だけで、


あの人の前で私を罵倒した時点で、


私は許しようのない怒りに支配されていた


泣きつくことは考えられなかった


問いただしてチャンミンの謝罪を聞く勇気もなかった



怒りに任せて、まだ若かった私は


チャンミンに復讐を考えた


傷つけられた心は自分を正当化しようと必死だったのだ



数日後



適当に入ったクラブで、適当にナンパしてきた男と一晩を共にした


どうでもよかったし、目には目を歯には歯を


復讐してチャンミンをやっつけた気になれる方法は、それしか思いつかなかった



今朝から、何度か着信が鳴っている


今夜あたり、私のところに来る気がしていた



A「ここでいいよ。送ってくれて、ありがとう。」


ホテルから出てタクシーを降りると、そのナンパ男の首に腕をからめて路上でキスをしていた


「今度いつ会える?」


A「・・・んー。また連絡するね。」


長いキスを終えると、名残惜しそうな男に向かって手のひらを振った




振り返って、髪を掻き上げる


伏せていた目線を上げると、目を細めて立ち止まった


やっぱり


来ていた


立ち尽くしているチャンミン


・・・・


A「・・・なにしに来たんですか?チャンミン先輩。」


負けない


負けたくない


チャンミン「・・・・。なんだよ、今の。」


なにに?


私はなにに負けたくないの?


A「・・・先輩には関係ないでしょ。」


あのサラって人と、繋がっていたことが許せない


じゃあ、あの人に負けたくないの?


だったら、こんな浮気した姿を見せて呆れられるようなことはしない


A「見てた通り。私も他に男がいるから。全然気にしないで。」


気にして欲しくて仕方なくて、わざとこんなことをしたことは分かってる


チャンミンの少し潤んだ目を見て、思った


負けたくないのはこの人に、だ。


チャンミンを取り戻したいんじゃない


ボロボロに傷つけて、捨ててやりたかったんだ、私。

・4→←・2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (251 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
586人がお気に入り
設定キーワード:東方神起 , チャンミン , なお
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

りん(プロフ) - チャンミンも一人前の男になったような気がします笑笑 (8月31日 5時) (レス) id: 81ec167096 (このIDを非表示/違反報告)
なお(プロフ) - take1011さん» 結局ヒロインちゃんは、「私でいいの?」が一番気になってたんだと思います〜。今までサラの存在が辛かっただろうし、自信持てなかった原因だったと思います。最後はチャンミンの愛で実感するしかないですね^^ (8月30日 22時) (レス) id: 39eb0052e1 (このIDを非表示/違反報告)
なお(プロフ) - りんさん» やっと二人で向き合う事が出来ました^^ 道のりは長かったですけど、最後は素直が一番!ですよね?チャンミンもサラも関係切る決断してくれて良かったです〜 (8月30日 22時) (レス) id: 39eb0052e1 (このIDを非表示/違反報告)
take1011(プロフ) - おはようございます。想いが通じて良かった〜。ヒロインさんの「私でいいの?」の思い…。色々あったんだから、良いんだよ!と、言ってあげたいです〜! (8月29日 8時) (レス) id: bedbfc6855 (このIDを非表示/違反報告)
りん(プロフ) - なおさん、チャンミン、素直に打ち明けれましたね。ヒロインちゃんも少し、楽しみな展開になるといいけど(^^)誰かを1番に思うこと、難しいですね(*´-`) (8月29日 0時) (レス) id: 81ec167096 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:なお | 作者ホームページ:https://twitter.com/630HiTVXQ  
作成日時:2019年6月27日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。