占いツクール
検索窓
今日:276 hit、昨日:80 hit、合計:106,966 hit

ページ1

夕暮れ時の空が好き


遥か彼方に見えるオレンジと紫を混ぜた色を眺めていると


あの頃、指をさして私に「見て」と教えてくれていたあなたを思い出す



夜は星空


暗闇の中に満天に光る無数の星


夜が怖くて小さな頃泣いていた私は、闇に引きずり込まれそうな不安をあなたに払ってもらった


抱き締められると安心できる


あなたはわたしにとって救いだった



大空が広く晴れた日は青空


まぶしすぎる世界に、思わず目を背ける


晴れた日を心から喜べない私に傍らでいつも肩を抱いてくれた


青空に卑屈にならなくていいって


そのままの君で大丈夫なんだよって


あの頃の私は、


毎日が幸せで溢れているなんて知る由もなかった


当たり前のことに慣れ過ぎて


空が私の頭上に今日も広がっていることに、気付きもしないように





「“空”を研究する会?」


「そう!面白そうでしょ?」


大学1年の春、親友のジョンヨンに誘われてその世界に足を踏み入れた


「なんか・・・地味じゃない?」


スポーツとか美術とか


大学の華々しいサークルとは正反対のオタクの集まりだと思った


ジョンヨン「地味とか言わないの。ロマンチックじゃない?
星空を眺めながら、新しい彼氏が出来るかも知れないチャンスも!」


首を傾げる私に、ジョンヨンは目を輝かせている


ジョンヨン「天体観測とか私前から興味あったのよね!」


A「・・・初めて聞いたんだけど。」


他の華々しいサークルより狙い目だとジョンヨンは言った


A「狙い目・・ねぇ。」


彼氏とか、どうでもいいんだけど・・・


でも人が少ないサークルだと、気疲れしなくて済むかも


特別興味もなかったけれど、どこかのサークルに属さないといけないとなると


物静かそうなその謎の研究会も悪くないのかな、と思った




一番好きだった空はね、


あなた越しに眺める広い空


朝焼けでも夕暮れでも


晴れも雨も関係ない


あなたがそこに居て


私の横で溶け込んでいる風景


あなたが居るだけで、幸せだった

・2→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (251 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
586人がお気に入り
設定キーワード:東方神起 , チャンミン , なお
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

りん(プロフ) - チャンミンも一人前の男になったような気がします笑笑 (8月31日 5時) (レス) id: 81ec167096 (このIDを非表示/違反報告)
なお(プロフ) - take1011さん» 結局ヒロインちゃんは、「私でいいの?」が一番気になってたんだと思います〜。今までサラの存在が辛かっただろうし、自信持てなかった原因だったと思います。最後はチャンミンの愛で実感するしかないですね^^ (8月30日 22時) (レス) id: 39eb0052e1 (このIDを非表示/違反報告)
なお(プロフ) - りんさん» やっと二人で向き合う事が出来ました^^ 道のりは長かったですけど、最後は素直が一番!ですよね?チャンミンもサラも関係切る決断してくれて良かったです〜 (8月30日 22時) (レス) id: 39eb0052e1 (このIDを非表示/違反報告)
take1011(プロフ) - おはようございます。想いが通じて良かった〜。ヒロインさんの「私でいいの?」の思い…。色々あったんだから、良いんだよ!と、言ってあげたいです〜! (8月29日 8時) (レス) id: bedbfc6855 (このIDを非表示/違反報告)
りん(プロフ) - なおさん、チャンミン、素直に打ち明けれましたね。ヒロインちゃんも少し、楽しみな展開になるといいけど(^^)誰かを1番に思うこと、難しいですね(*´-`) (8月29日 0時) (レス) id: 81ec167096 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:なお | 作者ホームページ:https://twitter.com/630HiTVXQ  
作成日時:2019年6月27日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。