占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:116 hit、合計:41,692 hit

#81 ページ37

.





あれからしばらく経っても開久は殴り込みに来たりしない。もう諦めたんだろ、って三橋くんは言ってたけど、あの開久がこれぐらいで諦めたりするわけない。きっと、もっと酷いことをしてくる。


そう思っていると、教室に理子ちゃんが入ってきた。それもかなり焦った様子。



「A、大変!!」


「な、何?」


「今井くんが、ヤクザにボコボコにされたって...!」


「...は?」



今井くんが、ヤクザにボコボコ...?

私は咄嗟に立ち上がって教室を出る。それを理子ちゃんに止められた。



「だ、駄目よ!俺らが行くから私達は学校にいろって三ちゃんが!」


「何で!?私だって今井くんが心配なんだよ!!」


「でも!!...相手はヤクザよ、Aまで巻き込まれたら...」


「お見舞い行くぐらいで巻き込まれたりしないでしょ!」


「心配なのよ!!」



理子ちゃんの大きな声を聞いてピタリと動きが止まる。理子ちゃんは、悲しそうな顔をしていた。



「私も三ちゃんも、もちろん伊藤くんも!Aが無茶しないかって、怪我しないかって、心配なの...」


「...理子ちゃん、」



そう言われてまだお見舞いに行こうとする程、私は酷い奴じゃない。

今回は大人しく理子ちゃんと学校にいることにした。






.

#82→←#80



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (41 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
191人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ソウ - はじめまして!ソウです!読ませていただきました!めっちゃ面白かったです!これのおかげでまた今日から俺は大好きになりました!ありがとうございます!!( ≧∀≦)ノ (8月21日 20時) (レス) id: 8344a9dd37 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:まるる。 | 作成日時:2019年4月30日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。