占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:326 hit、合計:192,150 hit

◎__事務所 ページ1

裕太side


俺が踊り場に入ったら

Aが誰かと電話してた。



『ん、言ってあるから

着いたら連絡して』



裕「A今日早いじゃん」


『珍しく一番乗りだった

ゆうぴ、振り確認しよ?』



裕「ええで」




prurururu prurururu


『あ、ごめん。電話だ。



あ、着いた?今行く



ごめんちょっと行ってくるね』



Aがどこか行ってから数分後



ダダダダ


誰か大きな音で走ってくる



裕「そんな慌ててどしたん?」


龍「大変や!

Aが入り口で男と!!!」


亜「ええ、男!」


隼「A〜( ; ; )」


裕「さっき誰かと電話してた」


玲「見に行ってみようぜ」


事務所 入り口


みんなで行ってみたら

男と話してるAの姿が



『ありがとうね、奎。

今日泊まって行くんでしょ?』



涼「泊まりって...」


亜「彼氏なのか( ; ; )」


メ「なにやってんの?」


亜「ちょ隠れて」


メ「なんで」



『あれ?みんなこんなとこで

なにしてんの?』


玲「メンディーのせいでバレた」


メ「呼び捨てかよ!俺先輩!」


隼「そちらわ、、」


『あれ?みんな知らないんだっけ?

奎くん。あたしの』


亜「彼氏とか言わないで」


龍「やめてくれーー」


奎「ははは。Aの彼氏の奎です。』



彼氏!!!!



『は?何言っての!!!

あたしの弟。』



なんだ。弟かー、



涼「でもなんで弟くんが?」



『忘れもの届けてもらったの』



亜「そういうことか」



奎「じゃ俺行くわ。またなねーちゃん」


『うん。ありがとうね』


一安心だわ。


龍「よかったー、彼氏じゃなくて」


涼「龍友くん1番焦ってたもんねー」


亜「(肩に手を置く)ま、Aに彼氏できたら俺泣いちゃう」


何亜嵐くんドサクサに紛れて

Aの肩に手置いてんの!


『え、亜嵐くんきもーい』


亜嵐くんドンマーイ


亜「それ酷くない」


玲「お前に彼氏とか無理だろう」


『どういう意味よ!玲於!』


玲於、

んなこと言って

見に行こうって言ってたの玲於だろ

◎__報告→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (212 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
991人がお気に入り
設定キーワード:GENERATIONS , 白濱亜嵐 , 片寄涼太
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

keim(プロフ) - 莉愛さん» コメントありがとうございます。とても嬉しいです。これからも応援おねがいします! (3月29日 21時) (レス) id: 2acccc3bf0 (このIDを非表示/違反報告)
莉愛 - とても素晴らしい作品です!この続きかすごい気になります!これからも頑張って下さい!応援しています! (3月28日 23時) (レス) id: 936ea7fe0b (このIDを非表示/違反報告)
keim(プロフ) - 加那殊さん» コメントありがとうございます。ご指摘ありがとうございます!訂正させていただきました。 (2月17日 0時) (レス) id: 2acccc3bf0 (このIDを非表示/違反報告)
加那殊(プロフ) - いつも楽しく読んでいます!突然で申し訳ないのですが、中島健人くんの『人』が『斗』になっているのが気になりコメントさせていただきました (2月17日 0時) (レス) id: 291a349f6b (このIDを非表示/違反報告)
keim(プロフ) - 美紀さん» 美紀ちゃんありがとう! (2月15日 11時) (レス) id: 2acccc3bf0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:keim | 作成日時:2018年2月12日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。