占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:6 hit、合計:129,851 hit

「第8回 恋愛講座を開催致しまーす!!」ビ「今日のお題は…」M「もし彼氏が他の女とデートしてたらどーしまs「凍らす!!」ビ「もちろんポイズンクッキングよ…!!」 …過激ね、アンタら」「だって許せないじゃんか!」ビ「そう、許してはいけないのよ…ウフフ…」M「そういえば毒サソリの前の彼氏、食中毒が死因だったような…」ビ「M・M、クッキーはいかが?」 ブジョアアァ M「いっ、いらないわよッ!!!」 ページ21

『どよーん…』



【オイオイ…効果音を自分で言うなよ】

それくらい気分が沈んでるんですー

だって、だって……いくら弱めてたとはいえマグロごときに幻覚を見破られたんだよ!?

幻覚のユキちゃんにデスヒーターを受けさせよーと思ったのにィ…!

【あー、悔しかったな、ドンマイドンマーイ】

テキトーだろっ



「各フィールドに設けられたポールの頂上には、フィールドと同じ種類のリングが置いてあります」



あ、ちなみに私がいるのは子牛くん&雷親父とは別の屋上ね

他の守護者と場所が被るからってチェルちゃん'sに移動させられたのさ

【いじけんなって】



「リング…まさか、また奪い合えってのか……?」

「ってことはさー…オレ達も戦えちゃうわけ?」



それフラグだよ

【デスヒーター注入まであと5秒ー♪】

他人事だからって嬉しそうにすんなしっ



「どうぞご自由に」



【あと3秒ー♪】

ぎゃあ――!!



「ただし、できればの話ですが」






グサッ






いったァ――――い!!!

こんにゃろっ

実はチェルちゃん'sってば鬼畜でしょ!!



「な、何なの…!?」

「ただ今、守護者全員にリストバンドに内臓されていた毒が注入されました」



毒が注入されました、じゃないわッ

なに冷静に解説してるのさ!

【…ってか、思いのほか元気だなユキ】

まだ全身に毒がまわってないのかな?

【いや、それはないだろ。どうやらデスヒーターは即効性の毒らしいからな】

左手首のリストバンドを見てみれば、そこには次々と倒れ込む守護者達がいた

あり、ベルくんもキツそうですなぁ

【王子だからって万能じゃねーんだよ、そこんところ分かってますかー?】

むっ、馬鹿にしたでしょ今!



「デスヒーターと呼ばれるこの毒は瞬時に神経を麻痺させ、立つことすら困難に―――」



『そいや、友達の家(ジッリョネロ)に遊びに行ったときにデスヒーター飲んじゃったっけ』



【っは!?】

ホントは拷問用だったらしんだけど…激辛ジュースかなんかと思って飲んじゃったんだー

【それで耐性がついたってことか】



「(ユキさん何してんの―――!?)」

「……困難にします。そして…」



あーっ!! チェルちゃんスルーした!!

【ハイハイ。でもさ、デスヒーターって30分くらいでポックリ逝っちまうんだろ?】

まぁ、どっちにしろ解毒は必要…………んん?

【どした?】






『あっつ―――い!!!』






【って、なに脱いじゃってんのおまえ!?】

「今日を含め、今年も残すところあと3日だね!」那「あっとゆー間だったなぁ」「来年の目標は?」那「幻術の腕を上げる!!いつか骸兄に勝ってやるんだ!!」「じゃあ私は、た〜っくさんアイスを食べる!!」那「お母さん…それ毎年言ってることだよね」「ノンノン!来年は千種の目を掻い潜ってアイスを食べる、ってことも…やべ、千種だ。逃げるが勝ちだよねッ」那「はぁ…ま、何はともあれ来年もハル姉をよろしく!!!」→←「ハーイ、マグロsideは今回でしゅーりょー!!」フ「わーい」ツ「なんかオレ嫌われてるっ!?」「べっつにー?」ツ「じゃあ、あの嫌がらせの如く毎月オレの家に届く領収書は何ですか!?」フ「わー、凄い量ですねー」ツ「ユキさん一月にどんだけアイス消費してるんですか!!」「あんだけ(笑)」フ「恨むなら沢田家光と晴のアルコバレーノをどーぞー」「OK.って言ったのは向こうだからねっ」ツ「ちょっと、父さん――!?リボーン!!?」



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (123 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
153人がお気に入り
設定キーワード:REBORN! , スクアーロ , 転生トリップ   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

霽月(プロフ) - レナさん» この作者の作品全表示、を押してください。その中のシリーズにpart1から入ってます (2015年5月24日 13時) (レス) id: 83e6391475 (このIDを非表示/違反報告)
レナ(プロフ) - あの...これまでのpart1~part5が表示されないので、いきなり意味分からないところから始まるのですが...partからみたいのですが、どうしたらいいでしょうか? (2015年5月10日 8時) (レス) id: 4fb655bc62 (このIDを非表示/違反報告)
霽月(プロフ) - part7でもドーゾご贔屓に!! 本日中に公開いたしまっす (2015年2月17日 22時) (レス) id: 6721436cae (このIDを非表示/違反報告)
霽月(プロフ) - 桜さん» だよね、バレバレすぎてニヤニヤしちゃうwww (2015年2月17日 22時) (レス) id: 6721436cae (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - やだ...カッ消される。wぶほぉw   そうそう、γ、幻騎士君...ドンマイです。 あとねぇ...γクン。君の秘密、バレバレだよぅ?アリアがすk(((( (2015年2月17日 21時) (レス) id: 48993935a3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:霽月 | 作成日時:2014年11月23日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。