占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:5 hit、合計:7,857 hit

第197話 プロポーズ…? ページ15

私とミドゥーザ、二人の雪の者が入ったために強化された結界をなんとかして破壊しようと奮闘するみんなの姿を見て思ったんだ。
ああ、私って愛されてるんだな、ってさ。
言葉にできないくらい嬉しかった。


『だから、思わず“ありがとう”って言っちゃったんだ』


照れくさくなりながら、スクアーロの揺れる銀の瞳を見つめる。
すると、段々その眉間に皺が寄って、


『!』


ぐっと抱き込まれ、肩に頭を押しつけられて更に体が密着する。


「……悪かった…」
『え…』
「雨戦のことだぁ。傷つけて……悲しませて、悪かった…」


後悔の滲む声が耳元でする。


「ユキが消滅したのを見て……同じ思いをあの時のおまえにさせたんだと…」
『……わかってくれたなら、もういいよ』


擦り寄ってくる銀髪に内心で心臓バクバクしながらも、腕を伸ばして頭を撫でる。
ふふ。らしくないスクアーロを見ちゃったな。


『私も……貴方のことを傷つけて、悲しませてごめんね』


緩んだ腕から今度こそ抜け出して……その頬にキスを送る。
う、うわぁ……は、はずかしっ!


「ユキ……」
『なぁに? ん……っ』


ちょっ! 道のド真ん中で……!
【唇にキスされてツンデレが照れてるぞ〜。自分は頬にキスしたくせにな〜?】
久しぶりだなこの兎野郎! からかいやがって〜!


『……ぷはっ』


息切れはしないけど、キス長いよ!
【キスの時は鼻で息するんだぜ。って、おこちゃまには難しいかな〜?】
うるさい!! この童貞うさちゃんめ!!
【はぁ!? 童貞じゃねーしっっ!! つーか、そーいう単語は言わないでくれる!?】


「……あのよぉ゛…」
『うん?』


何かを言おうと葛藤するスクアーロに首を傾げて待つ。
なんだろう……そんなに言いづらいこと?


「(言うぞぉ……オレはユキに言ってやるぜぇ……!) ユキ……!!」
『なっ、なに?』


あ、別れ話だったらどうしよう!?
急に聞きたくなくなってきた……!


「あ……」
『あ……!?』
「あ……い……」


あ、い…………愛人……!!?
ふ、ふられるならハッキリ言って欲しい……!!


『は、ハッキリ言ってスクアーロ!!』
「あ゛ああぁーー!! け、結婚してくれえ゛ぇ……!!!!」
『くぁwせdrftgyふじこlp……!!??』
「あ? あ゛ッ…… (う゛お゛ぉぁあああ!!? まっ、間違えたあ゛あ!!)」


けっ、けっ……!!??
【(愛してる、って言おうとしたんだろうがなぁ…)】

第198話 尾行中→←第196話 幸せ者



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (32 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
52人がお気に入り
設定キーワード:REBORN! , スクアーロ , 原作崩壊   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

霽月(プロフ) - 緋雨さん» ありがとうございます!! お陰様でなんとか完結させることができました。いつもコメントありがとうございます。たまに番外編ものぞいてやってくださいね。これからも精進します!! (8月30日 21時) (レス) id: a6fc521fe8 (このIDを非表示/違反報告)
緋雨 - ハル姉 完結おめでとうございます!! ユキちゃんとスクアーロの結婚式 読んでてとても面白かったです!! 今までとても素敵なこの作品を書いてくれてありがとうございます! お疲れ様でした! (8月30日 20時) (レス) id: abe5765737 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:霽月 | 作成日時:2019年6月17日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。