占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:6 hit、合計:8,862 hit

story49 ページ8

〜彗side〜

ねいちゃんが日本代表に選ばれたと聞いたときは、嬉しくてしょうがなかった。野坂選手とねいちゃんが同じ場所に立つと思うと、友達に自慢したくなる。

でも、ねいちゃんが選ばれてから家はすっごく静かになった。寂しくて、夜になると涙が出た。

今日もねいちゃんの居ない家。電話はしてくれるけど、寂しい。おばあちゃんは家に居るけど、私のことを忘れたりしてしまう。「にんちしょう」って言う病気らしい。

プルルル、プルルル


電話がきた。番号を見ると、知らない番号からだった。電話機の横の付箋にその番号が書かれてある。

“ねいちゃんのいる合宿所”

そう書いてある。どうしたんだろう。ねいちゃんに何かあったのかな。

彗「もしもし、霧雨です。」

[もしもし、僕は野坂悠馬。Aちゃんの妹さんだよね?]

電話の相手にびっくりした。テレビでいつも見てる、野坂選手だ。

彗「野坂選手ですか?!あ、はい。妹の彗です!」

[キミは僕のことを知っているのかい?]

彗「も、もちろんです!あ、えっと、どのようなご用件ですか?」

ねいちゃんがメモに書いてくれた、お客様用の電話の紙を音読する。

[彗ちゃんのお姉さんについて、ちょっと教えてくれないかな?優しい、とか。]

ねいちゃんについて…?何でだろう。サッカー選手として、メンバーを知るのが大切だからかな。

彗「いいよ!あのね、ねいちゃんはね、大丈夫のおまじないしてくれるんだよ。

ママとパパがお空に行っちゃったときとか、転んだときとか、悲しいときにしてくれるの。

ねいちゃんは彗のねいちゃんだし、ママなんだよ。」

ねいちゃんはすごくカッコいい。サッカーが上手だし、近所のおばちゃんにも、「いい子だ
ねぇ」って誉めらてる。

ママとパパが居なくなっちゃったとき、ねいちゃんは「これからは、彗のねいちゃんだし彗のママにもなるね。」って言ってた。

多分、ねいちゃんは「ママ」のバトンを渡されたんだと思う。お空のママもママだけど、ねいちゃんもママ。

ねいちゃん、ママみたいな服着てるし、言ってることも一緒。すごいと思う。すごくカッコいい。

野坂選手にねいちゃんのすごい所、いっぱい話した。話すたびに、野坂選手は驚いてた。ねいちゃんのこと、あんまり知らないのかな。

story50→←story48〜回想〜


  • 金 運: ★☆☆☆☆
  • 恋愛運: ★★★☆☆
  • 健康運: ★★★★★
  • 全体運: ★★★☆☆

ラッキーアイテム

ペンギンのストラップ

おみくじ

おみくじ結果は「末凶」でした!


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (21 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
30人がお気に入り
設定キーワード:イナイレ , オリオンの刻印 , 刻印組
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:れるれる(現.本垢) x他1人 | 作成日時:2019年7月31日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。