占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:71 hit、合計:29,176 hit

隠れて泣いてみた ページ4

ut
「……え、どうしたん?」

いつもどこか余裕のある彼ですが、少し戸惑っています。貴方が「何でもないよ」と必死に涙を拭いていると、彼は「何でもない訳ないやん、」と何処か悲しそうに言います。





kn
「………どしたん」

そう彼が言うと、座り込んでいる貴方の前にしゃがみこんで貴方の頭を優しく撫でます。「ごめんね、」と貴方が言うと、彼は「謝ることちゃうで」と優しく言ってくれます。





zm
「どーしたん?どっか痛いん?」

いつも笑っている貴方が泣いているところを見て、戸惑っている彼。何処か痛いのかと背中を摩ってくれます。「ごめんね」と貴方が言うと、「何で謝るん…」と悲しそうに呟きます。





tn
「…あんま目擦ると、赤くなってまうで」

必死に涙を手で拭いている貴方の手を掴み、そう言う彼。「何かあったん…?話してみ」と貴方を安心させるように話す彼の声は、何時にも増して優しげでした。





rbr
「……大丈夫、俺がおるよ」

泣いている貴方を見つけた彼は、貴方の隣に座り背中を摩ってくれます。「今は泣いてもええんやで」と優しい笑顔で言ってくれます。





rdo
「ほら、ゆっくり呼吸してー……こらこら、目擦らない」

泣きすぎて若干過呼吸気味になってしまった貴方。流石先生、扱い方に慣れています。貴方が少し落ち着くと、「…どうした?俺に話してみ」と何時もより優しい声で言ってくれます。





pe
「大丈夫大丈夫、俺がいるからね、よしよし」

貴方の背中を撫でながら宥めるように優しく話しかけてくれます。どこかろぼ太君に似ていますね。「……俺に話してくれる?」と泣いている理由を聞いてきます。

【リク】夢主ちゃんがいじめで不登校になってみた→←髪の毛を切ってみた



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (162 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
332人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , 呪鬼 , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

トドルゴン(プロフ) - コメント失礼します!風邪等の病で休んだら、をお願い出来ますでしょうか。応援してます! (5月22日 21時) (レス) id: e9f76f6336 (このIDを非表示/違反報告)
はる - お姫様抱っこしてみたお願いできますか? (5月5日 17時) (レス) id: 11cdb7c56c (このIDを非表示/違反報告)
- リクエストがもしできなかったら、だいじょぶです。 (5月2日 1時) (レス) id: 62683d4e75 (このIDを非表示/違反報告)
黒猫 - あの出来ればリクエストでDキスされてみたお願いします (5月1日 18時) (レス) id: 8d4957836b (このIDを非表示/違反報告)
- このシリーズすごく好きです!リクエストですが、嫌いって言ってみた。です。更新頑張ってください!応援してます! (4月26日 10時) (レス) id: 62683d4e75 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:晴れのち | 作成日時:2020年4月7日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。