検索窓
今日:111 hit、昨日:449 hit、合計:131,450 hit

41. ページ41



何週間かぶりに大我さんのライブに来た



ステージが終わって
夏の湿気とお客さんの熱気でムシムシしたステージ




ジェシーさんが「みんなありがとう!」なんて言うと



今日は大盛り上がりだったせいか
こうちー!ほくとー!なんて次々にお客さんから名前が飛んで




案の定 たいがー!って声も聞こえて

大我さんが手を上げると黄色い歓声が上がる

やっぱり人気なんだなって勝手に悲しくなった





意外と 雲の上の人みたいだなって ちょっと落ち込んで
片付けを待ちながら楽屋で本を読んでると慎太郎くんが隣に座って何かを開いた




『お勉強?』


「うん お金貯めたら教師になるって決めてんの!」


『すごいね』




私は この先どうするんだろ?
慎太郎くんみたいに将来のこと考えてるわけでもないし




『私には何も無いや』


「なんか言った?」


『いや 慎太郎くんは色々考えてて偉いよね
私はこの先どうするのか決めてないし』


「今楽しんじゃえばいいじゃん!この先なんてわかんないからね」




慎太郎くんはにこって笑った




「困ったらいつでも来ていいよ!俺らは待ってるしね」



俺らはね!って楽屋をひろーく指さすと「やべ 片付けしなきゃ」って立ち上がって


また「あ!」っておっきい声



「この後みんなでカラオケ行くから来てね!」



そんなにこにこの顔で言われたらキッパリ断れるはずもない





『大我さん私もいっていい?』




大我さんは
ギターケースを開ける手を止めると


「1人で帰らせるよりはいっか」


ってちょっと渋い顔で了承してくれた

42.→←40.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (242 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
696人がお気に入り
設定タグ:sixtones , 京本大我 , SixTONES   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

はむ(プロフ) - こまり ,さん» コメントの通知を切っていたので返信遅れてしまいすみません!そのような感想いただけて本当に嬉しいです泣 一応完結まで下書きにあるので更新お待ちください!最後までよろしくお願いします (8月15日 2時) (レス) id: 502b185181 (このIDを非表示/違反報告)
こまり ,(プロフ) - とても素敵なお話で胸がギューってなりました( ᐢ ̥_ ̫ _ ̥ᐢ )更新楽しみにしてます♡♡ (8月12日 5時) (レス) @page47 id: 12b1fa3c73 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:はむ | 作成日時:2022年8月5日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。