占いツクール
検索窓
今日:13 hit、昨日:20 hit、合計:65,437 hit

帰り道 ページ40

2人で並んで帰る








気づいたことがある。





必ず道路側を歩いてくれる
歩くペースを合わせてくれる
うざい←








JH「お前さー何時間待たせたと思ってんの??」







『え?10ぷ…「あ?」何時間だったけな??』







あの、この暗い中、そんなお顔されたら不審者みたいですよ←







『仕方ないじゃないですか!こんな勉強ができない私にあんな厚い冊子をやらすんですよ!?』







ムキになって少し大きめに言う








JH「そんなブヒブヒ言うなってw近所迷惑www」







お前、誘拐されろ←←







『…』








オッパの顔に穴がほげそうなほど睨んだ







『オッパは、1回天に召されたほうがいいですよ』←






ほんとに相手の気持ちを考えるってのがオッパにはないようですね






小学校のときに習いませんでしたかね!?!?
相手の気持ちを考えるって!!







JH「お前に言われたくねーよ」







ふっつーーに軽くスルーされました






ムカついてカバンでオッパを殴ろうとしたら、
勢いがつきすぎて前にコケそうになった






『わっ』









スッとオッパの手が伸びてきて、私を支えてくれた





ナイス反射神経 アジュnice←









JH「何やってんの?wドジだな笑笑 大丈夫??」







言葉はムカつくけど、嫌ではなかった

紳士っぽかった!







『あ、ありがとう』







体勢を整え、また歩き始める







てかさーーー







お腹すいたよね←
勉強にほとんどのエネルギーを消費してしまってもう、体力ないわ







『オッパ、お腹すきません??なにか食べましょうよ』







そう言うと、ブタかよwwと爆笑しながらもいいよと言ってくれる







『私、アイスがいいです!!』







私は少し先にあるアイス屋を指差しながら言った






アイスが大好きだから、もうルンルン気分で
スキップのような走りでアイス屋に向かう







JH「そういう時だけテンション気持ち悪いよな」←

アイス屋→←オッパも優しい



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.6/10 (55 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
251人がお気に入り
設定キーワード:セブチ , seventeen , ジョンハン   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(^ω^) - オリフラ……(((ボソ (8月9日 12時) (レス) id: d5f662fe3a (このIDを非表示/違反報告)
匿名 - オリジナルフラグを外してください (8月9日 11時) (レス) id: d46d93e4db (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ソンハ | 作成日時:2017年8月6日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。