占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:45 hit、合計:608,520 hit

撮影 ページ7

シルクさいど
ーーーーーーーーーーー



風船を機械で膨らませていく。




A「風船…!」




Aがちっちゃい声で風船みてキラキラしてて可愛くって。




ぺけ「なににやけてんの笑」




シルク「いやAが可愛すぎて」




ザカオ「いつもどーり笑」




ンダホ「ねえもうこれ破裂するって!まじでー」




ニヤニヤしてたら破裂寸前まで風船が大きくなってた笑




シルク「やべっ!やりすぎた!」




バンッ!!!!




割れた…




みんな驚きすぎて沈黙。




沈黙を破ったのは、、、A。




A「……うわぁぁぁん泣」




シルク「A大丈夫だから!」




A「怖かったぁぁぁ泣」




おっきな音と大好きな風船が割れちゃったショックでもう大変。




ダーマ「だめだったか破裂」




モトキ「A〜びっくりしたね〜」




A「風船〜泣」




そう言いながら膝立ちしてる俺のおなかに抱きついてくるA。




これがまた可ん愛いいんだ。笑




A「お兄ちゃんーー泣」




シルク「大丈夫大丈夫、びっくりしたな。」




マサイ「大丈夫か?」




ンダホ「A動画出れる?の?」




シルク「こんな泣いちゃったらきついな、マサイと一緒にカメラの横いよっか。」




マサイ「だな。Aおいで」




Aをマサイの横に連れていくと、あぐらかいてるマサイの上に向き合って座って抱きついて泣いてる。




マサイ「ねえ助けて可愛すぎてつらい」




ぺけ「羨ましすぎてつらい」




シルク「嫉妬でつらい」




ザカオ「代わりたくてつらい」




A「…ん…」




モトキ「泣いてるのみてるとつらい」




ンダホ「食べちゃいたくてつらい」




マサイ「Aは食いもんじゃねえよ笑笑」




ダーマ「動画が心配でつらい」




シルク「それな」




ンダホ「撮ろう笑」




Aがそれ見て少し落ち着いたみたいで、正面向いて座り直した。




こっち向いてる目真っ赤だし、なにより片手がマサイのTシャツの裾掴んでてまたまた可ん愛いい。




マサイ「キュン死しそう」




シルク「やっべえな可愛いなおい」




ンダホ「ねえちょっと、風船膨らませようよ。笑」




シルク「わすれてた笑」




まだたくさんある風船を取り出して次は上手く膨らませられた。



ーーーーーーーーーーー
コメ、リク、評価にお気に入り、ありがとうございます。
これからもたくさんまってます。

撮影その2→←撮影開始



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (404 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
556人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

モトキ大好き - リクエストいいですか、ゆうかいされるというお話をお願いします (2018年11月3日 19時) (レス) id: cb597fc79d (このIDを非表示/違反報告)
ひなた - マジ最&高 (2018年6月23日 9時) (レス) id: fa992b83bb (このIDを非表示/違反報告)
- 本当にお兄ちゃんになって欲しい (2018年5月13日 15時) (レス) id: 9ad625a5ed (このIDを非表示/違反報告)
美紀 - この小説最高です更新大変だと思いますが頑張ってください (2018年5月3日 14時) (レス) id: 39e38305d9 (このIDを非表示/違反報告)
ゆーか - やばい。シルク可愛い (2017年8月24日 18時) (レス) id: 35e616ed3a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:はるか | 作成日時:2017年3月26日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。