占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:1 hit、合計:3,324 hit

第8話「予想外」 ページ10

「何故!?」

ついさっきまで、ニヤニヤと気持ちの悪い笑みを浮かべながら華田の行動を監視していた『華夜を愛し隊』隊員、通称『ベギラマ』は、頬を這う冷や汗を拭うこともせず、血走った目で液晶画面を見つめていた。

画面の中では、元が何なのかも特定できなさそうな程形を崩したガラクタと、光の熱によって灰の塊と化した材質の良く分からない壁、そして、そんなエグ味溢れる現場を作った元凶(男の娘)が、額の汗を拭いながら勝ち誇ったような笑みを浮かべていた。

「これは一体どういうことでござるか、……愛羅きゅんの魔法には、魔力弾を装填するためのエアガンが必要不可欠な筈でござろう、だから拙者が隠したというのに」

華夜を愛し隊隊員『メガンテ』は、眠る華田の部屋に侵入し、こっそりと拝借させて頂いたエアガンを神妙な面持ちで撫でまわす。叶うのならいつまでも撫でまわしていたいが、今はそんな事をしている場合ではない。やめよう。

そう固く決意し、メガンテはエアガンを撫でまわしながら、リサーチ担当の華夜を愛し隊隊員、『バルス』を睨み付ける。バルスは委縮したようにビクリと肩を揺らした後、必死になって言い訳を並び立てる。

「だ、だって、あんなの普通皆そう思うじゃないスか! 愛羅きゅん魔法弾撃つ時いつもエアガン使ってるんスから! それに」

「うるせぇ! あの時、コードネームは皆でド○クエの呪文にしようねって話し合ったのに一人だけラ○ュタを選んだ裏切り者の言葉なんて知らん!!!」

「ああ、愛羅きゅんのエアガン堪らんでござる。はすはすはすはすはす」

「粛に、変態淑女達」

成り行きを見守っていた『ボス』が、遂に見ていられなくなったのか、荒ぶる変態達へと抑止の声を上げる。すると、今までの興奮が嘘だったかのように静寂が広がり、一瞬の間の後「サー! イエッサー!」と敬礼し、変態達は厚い忠誠心を証明した。

「何も慌てることは無いわ。例え愛しの愛羅きゅんの魔法をぶっパされた所で、『フェニックス』が負ける筈ないもの」

「しかし、フェニックスはただのヌメついた触手では……」

「愚問ね。エ○同○の触手がナニもできぬままヒロインに退治されるお話があって?」

「「「それもそうっすね!」」」

変態達は大いに納得した。

第9話「やまだああ?!」→←第7話「キレるとヤバイ」



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.5/10 (13 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
11人がお気に入り
設定キーワード:少女達の魔法はまるで夢のよう , ギャグ   
作品ジャンル:恋愛, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ツナマヨガチ勢(プロフ) - 厨二腐女子さん» 分かる(ロンパリ) (10月21日 16時) (レス) id: ac1f85ca0c (このIDを非表示/違反報告)
厨二腐女子 - ボスについていきたい← (10月20日 21時) (レス) id: a124146768 (このIDを非表示/違反報告)
ツナマヨガチ勢(プロフ) - 椿さん» 訳の分からない方角へきりもみ回転しながらツッコンでいったこの小説を好きと言って貰えるとは……! しかもお気に入り登録まで……! とても嬉しいです! 更新頑張ります! (10月14日 18時) (レス) id: c3217907b1 (このIDを非表示/違反報告)
椿(プロフ) - 好きです。めっちゃ好きです。お気に入り登録しました!更新頑張ってください! (10月14日 8時) (レス) id: e36d1c7298 (このIDを非表示/違反報告)
ツナマヨガチ勢(プロフ) - そのころ@ぼっちさん» わっ! 気づきませんでした! 3話が4話になっておりました……。報告ありがとうございます! (9月24日 19時) (レス) id: c3217907b1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ツナマヨガチ勢 | 作成日時:2019年9月19日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。