占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:15 hit、合計:79,060 hit

cat17 ページ19

〜真冬said〜




「...あっそう」

「!!」



誰かの声で我に戻った
それと同時に顔を上げれば俺は目を点にする
だって...そこにはクラス全員が目の前にいたから...



「知ってんならいいわ、正直お前にはうんざりしてたし」

「もう近寄んなよ」



言い返せる言葉がなかった
ただ唇を噛んで自分の情けを感じるだけ...

なんで...なんで俺がこんな事に...



「真冬君...大丈夫?私は味方だかr____(パシンッ」

「っるせーんだよッ!!!」



手のひらで叩く音が教室に響く
恐る恐る自分の手を見た
そこには真っ赤に染まった手のひら

え...俺今なにして......



「...さいてー......」

「何もそこまでしなくても...」



叩いたのは俺だった
誤魔化すなんて出来るわけがなくて、ただ自分の手のひらを眺めることしか出来なかった



「ちょッ!血出てるッ...!」

「!?!?」



とっさに彼女を見れば口元から血が垂れていた

俺の手は真っ赤......無意識だけど、きっと強く叩いてしまったんだ



「とりあえず先生呼んでこなきゃ...!」

「誰か早くッ!」



周りがバタバタしているのに俺は立ったままだった

俺のせいで彼女は傷ついた






なんで、なんでこうなった...?








いつからこうなる事がわかっていた...?








何をしなければいつも通り笑っていられた...?






































彼女は病院送りとなった

話を聞く限り、俺が叩いてからその衝撃で近くにあった教卓に歯があたって、歯ぐきから大量の出血がみられたらしい



「お前のせいだ。お前のせいで彼女は...」

「もう少し周り見ろよ。うざったい...」

「さっさと消えろ」



そんな言葉だけが俺の耳に届いた
見方をしてくれようとした女子達も敵になる

そして俺はイジメというものを受けた

こんなの漫画だけの世界だけだと思ってた
いざ自分がその立場になると反抗したくても出来ない
いつもの俺ならしてたのに今の俺にはそんな権力を持っていない


それから日に日にイジメはエスカレート
クラスの奴らは教師にバレないよう必死だった
俺がちくればいい話
だけど俺は言わなかった
言ったところで何も解決しない
イジメがなくなった所で俺が前の俺に戻れるわけじゃない

ならこのままでいい

これからは教師の前では笑って昔の俺を演じるだけ
卒業までの我慢だ

cat18→←cat16



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (118 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
468人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , まふまふ , 学園
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ましろ(プロフ) - ( 」´0`)」Oh noooさん» すごいわかります!ありそうでなさそすよね笑 (4月16日 20時) (レス) id: 7eb51e6523 (このIDを非表示/違反報告)
( 」´0`)」Oh nooo - なんか現実でもまふさん、こーゆー人かもっていう妄想が (4月16日 20時) (レス) id: 1806a6192b (このIDを非表示/違反報告)
初音 - うさみん先生がいい味出してて好きです(笑) (11月24日 23時) (レス) id: c5530373f4 (このIDを非表示/違反報告)
ましろ(プロフ) - ねよんさん» 小3!?結構長いんですね...しかも私より年下......。でも私は笑うのもいいと思いますけどね...!まぁそこは人それぞれなのでどーこー言いませんが...wお互い良い人生を送りましょ(*^^*) (11月4日 18時) (レス) id: 7eb51e6523 (このIDを非表示/違反報告)
ましろ(プロフ) - ねよんさん» おぉ、私の考えてる夢主ちゃんにそっくりだ......wもう1人ですか......私も中学の時はそういう時期もありましたね...w (11月4日 18時) (レス) id: 7eb51e6523 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ましろ | 作者ホームページ:なし。  
作成日時:2017年10月27日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。