占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:87 hit、合計:71,512 hit

先生、117。 ページ33

「Aちゃん……?」

揺られるブランコに座っていた私。
ぱっ、と顔をあげると、リンちゃんがいた。
すこし息切れをしている親友。

急いできてくれたんだ、となんだかうれしくなった。

「どしたの?なにかあった?」

なにかあった、か……。

「うらたくんに、ひどいことしちゃった……」

そう言ってまた泣き出す私。
こんなことしたら、リンちゃんも困っちゃう。

「なにしたの?」

「私、うらたくんの気持ちにこたえられなかった。すきって嘘でも言えなかった」

ばか、ばか。
なんでそんなことも言えなかったの?
それくらい、簡単に……。

「……嘘でも?」

リンちゃんが顔をしかめた。
……やっぱり嘘でもすきって言えばよかったのかな。

「すきって……嘘で言うことじゃないよ……」

きゅ、と手を握って言ったリンちゃん。

「そんなので言われたってきっと嬉しくないよ……私だって……」

私……だって?

「志麻くんに何回かわいいね、って言われても嬉しくない。他の女の子にもおんなじことしてるんでしょ?って思っちゃう……」

だからきっと、とリンちゃんが続ける。
リンちゃん……そんなこと思ってたんだ。

「嘘ですきなんて言われても悲しくなるだけだと思うの。それは言わなくて正解だったと思う」

すこし悲しく微笑んだリンちゃん。
その姿は、なんだか一瞬うらたくんに見えた。




***
なんでリンちゃんがうらたくんに見えるんやねーんって思っちゃだめだぞ!

先生、118。→←親友、116。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (127 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
276人がお気に入り
設定キーワード:あほの坂田 , 歌い手 , 浦島坂田船   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - うわああ。:゜(;´∩`;)゜:。ってなりながら続編読んでますw (前に話から涙がとまってない) (2017年6月4日 22時) (レス) id: af582bc9f6 (このIDを非表示/違反報告)
優奈*咲@( ・ω・o[ねむい]o(プロフ) - 朋さん» でもそれでもきちんとオチはさかたんです!続きが気になってるんですか!?まだ完結していないんですが、もしよければ続編見てください作者がよろこびます (2017年6月4日 21時) (レス) id: 5e9a0effe5 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - やばいです!! 切なすぎます さかたんと結ばれて欲しいけど… って感じで続きが気になって仕方ないんですけど!!w (2017年6月4日 21時) (レス) id: af582bc9f6 (このIDを非表示/違反報告)
優奈*咲@( ・ω・o[ねむい]o(プロフ) - 堕天使さっきーさん» わ!か!り!ま!す!!ぐみちゃんは天使ですよね!! (2017年5月26日 17時) (レス) id: 5e9a0effe5 (このIDを非表示/違反報告)
堕天使さっきー(プロフ) - グミちゃァァァァァァァんっ!!可愛いぃぃぃぃぃぃぃぃ!!ですっ!、 (2017年5月24日 22時) (レス) id: a34e759826 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:優奈*咲 | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/yuna_saku/  
作成日時:2016年11月22日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。