占いツクール
検索窓
今日:123 hit、昨日:305 hit、合計:79,390 hit

□34. ページ35

·




「嘘だ…っ!毛利小五郎とサポーター達が人を助けようとしてたなんて、そんなの嘘だ!」


真実を伝えれば、彼は自分に言い聞かせるように嘘だと嘆く。

…嘘じゃない、と告げたって彼は言葉を飲み込もうとはしてくれなかった。


「そんな作り話に騙されっかよ!」


彼が出したのは爆弾のスイッチ。
微かに余裕のなさそうな笑みを浮かべている。


「よせ!そんなことしたって、知史くんが悲しむだけだぞ!」

「悪いが、もう後戻りはできねーんだよ」

「やめろ…っ!!!」



俺の言葉は虚しくも響いただけ。
大きく爆発音が俺の声をかき消し、スタジアムを崩し始めた。




「これで爆弾を止める方法は1つしかなくなった。電光掲示板を見てみな、…今となっちゃ無意味だが、ストライカーへの試練としてこれから1分おきに爆破が繰り返される仕掛けになっている」


中岡さんの背後にある電光掲示板には3分40秒と表示されている。

…つまり、次の爆破は3分を切った時。

く…と歯を食いしばる俺にさらなる嫌な言葉が飛び込んできた。


「──小僧、お前の推理には一つだけ大きな間違いがある」

「まさか、ここじゃないのか…!?」



目を見開いた俺に、さっきまでの動揺を無くした中岡さんが口元に笑みすら浮かべながらも話す。


ここは脅迫状に書かれたスタジアムに含まれていないこと。

あの時点ではこの東都スタジアムには爆弾は仕掛けていなかったこと。

…ここは10番目ではなく“11番目”のスタジアムだってこと。


「じゃあ、10番目のスタジアムは……、国立競技場!?」


頭に浮かんだのは、車の中で不安そうに俺を見つめるAと、今きっと会場にいるであろう蘭と園子の姿だった。


「だから…、だからゲーム終了後35分間は爆弾操作を禁じるって…!あれは国立の爆弾を見つけさせないためだったのか…!」

「そう、国立の爆弾はこの鞄の起爆装置と連動する仕掛けになっている」


彼が目線を向けたのは足元にある鞄だ。
…中には爆弾が詰め込まれている。


「爆発は俺が国立でゴールを決めたゲーム終了4分前、人生の全てを掛けた聖地だからこそ俺の人生の終わりと共に消滅させると決めたんだ!」



そんな中岡さんの言葉の直後、電光掲示板の時間は3分を切り、…また大きな爆発が起こった。

□35.→←□33.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (76 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
596人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 工藤新一.江戸川コナン , 11人目のストライカー   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぱぴこ(プロフ) - 茜さん» ありがとうございます!!そう言っていただけると嬉しい限りです!!ぜひこれからもよろしくお願いします! (5月23日 20時) (レス) id: 9511f3d914 (このIDを非表示/違反報告)
- おおおお毎回お話が面白すぎて毎日楽しみです!頑張って下さい! (5月22日 18時) (レス) id: fc9bd81442 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぱぴこ。 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2019年5月18日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。