占いツクール
検索窓
今日:143 hit、昨日:586 hit、合計:78,384 hit

□32. ページ33

新一 side.



「それで、知史くんとはいつ知り合ったの?」


そう尋ねると、中岡さんは驚いたように目を見開いて「何故、俺と知史が…」と俺のことを見下ろした。

俺は、本浦さんの撮ったビデオに知史くんと合図を交わす中岡さんが映っていたということを話す。



「知り合ったのは多分…高校3年の時だよね?場所は杯戸公園のグラウンド。自主練している時じゃない?」

「お前…どうして…」

「中岡さんが通っていた杯戸高校の寮は杯戸公園の近くだし、実家は群馬だって聞いたから寮生活かなと思ったんだ」


その通りだったのか、中岡さんの肩がぴくりと揺れたのが分かった。


「中岡さん、練習を見てた知史くんに声をかけたんでしょ?…昔、中岡さんがカズ選手に声をかけられたように」


はっとしてまたもや驚いた中岡さんは、少しすると目を伏せて口を開く。


「ああ、俺と知史が初めて会ったのは高3の春…お前の言う通り、杯戸公園で自主練している時だ」


過去の情景を思い出すかのような口振りだった。

俺はその話を黙って聞く。


「生まれつき体が弱く、激しい運動はできない知史だったが、少しずつ俺の練習に付き合うようになった」


そんな2人だけの練習はその年の冬まで続いたらしい。…つまり、高校選手権を勝ち抜いて国立で決勝ゴールを決めた時も含まれている。

2人で祝杯を上げた時に、リストバンドも渡したって。



「でも、2月に中岡さんがバイクで事故を起こして、知史くんとの関係が終わってしまったんだね」

「ああ…手術に続く半年間のリハビリも上手くいかず、俺は逃げるように南米に発った」



そして今年の6月に杯戸公園を訪れた時に4年生の知史くんがサッカーをやっているのを見つけたらしい。

…体は弱くたって、サッカーチームに入っていた知史くんを。

ベンチで応援することしか出来なかった彼が1度だけ入れた試合。その試合でゴールを決めたら祝杯を上げようと約束し、その約束通りに彼はゴールを決めた、…と話す中岡さん。


「あれを見て、俺はもう一度やり直そうと思ったんだ。…ところが、」


そこで中岡さんは言葉に詰まる。
…聞かなくたって分かる、その先に続くのは知史くんが亡くなった後の話だってことは。


「…それで、小五郎のおじさんとサポーターの人達に復讐しようと思ったんだね」






·

□33.→←□31.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (76 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
598人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 工藤新一.江戸川コナン , 11人目のストライカー   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぱぴこ(プロフ) - 茜さん» ありがとうございます!!そう言っていただけると嬉しい限りです!!ぜひこれからもよろしくお願いします! (5月23日 20時) (レス) id: 9511f3d914 (このIDを非表示/違反報告)
- おおおお毎回お話が面白すぎて毎日楽しみです!頑張って下さい! (5月22日 18時) (レス) id: fc9bd81442 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぱぴこ。 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2019年5月18日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。