占いツクール
検索窓
今日:52 hit、昨日:161 hit、合計:104,026 hit

□23. ページ24

「ちょっと待て!このコンサートはヨーコちゃんも…」

「はい。ヨーコちゃん…ぁ、いや沖野ヨーコさんも出演されます」

「出演されますじゃねーだろっ!!」

「いや、そう言われましても…」


ヨーコちゃんのことになると必死になるおじさんに、千葉刑事は困ったように眉を下げた。

…急に大声出すからびっくりしたよ。


「毛利さんと親しい沖野さんが出演するコンサート会場なら、次の爆破対象…」

「偶然とは思えませんね…」

「そうなると、犯人はやはり毛利くんに恨みを持つ人物か…」


佐藤刑事や高木刑事、目暮警部が真剣そうな眼差しでポスターを見つめながら考えている。

でも、あの5人の中でおじさんに強く恨みを持ってるような人はいなかったような…。



「あの、毛利さんの恨みとは関係ありませんが…」


千葉刑事が持ってきたのはホワイトボード。
彼は、そこに貼られていた1人の写真を指差す。


「あのコンサートの主催者は…この、山森さんが勤務する日売テレビ」


…つまり、おじさんへの恨みを除けば一応の動機にはなるわけだ。


「当日の夕方には彼がプロデューサーを務める情報番組で、1部生放送されることになっているはずです」

『じゃあ、その生放送中に爆破が起これば視聴率が上がる…』

「うん、そういうことになる」


私の方へ目線を下げた千葉刑事がうんと頷いてくれた。

…視聴率のために会場爆破って相当なサイコパスなのでは?


「山森か…言われてみればあの男、」


おじさんは彼が“健闘を祈る”とよく口にしていたことを思い出したように言った。

…そう言われてみれば言ってたかもしれない。
普段の口癖がこういう時に出ちゃうってことも有り得るのか。


「あと、この香田さんですが…もしかしたら彼女、個人的に沖野さんを恨んでいるかもしれません」


千葉刑事がそう言ったのに対して「なに!?」と過剰反応したのはおじさんだ。…当たり前だけど。


「彼女の同僚の話では、ずっとマークしている沖野さんのスクープが、ガードが固くて1枚もものに出来ないとボヤいていたそうです」



…さすがヨーコちゃん。プロ意識が高いんだろうな。

……って言うのは今は全く関係ないけど。

□24.→←□22.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (85 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
574人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 工藤新一.江戸川コナン , 11人目のストライカー   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぱぴこ(プロフ) - 茜さん» ありがとうございます!!そう言っていただけると嬉しい限りです!!ぜひこれからもよろしくお願いします! (5月23日 20時) (レス) id: 9511f3d914 (このIDを非表示/違反報告)
- おおおお毎回お話が面白すぎて毎日楽しみです!頑張って下さい! (5月22日 18時) (レス) id: fc9bd81442 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぱぴこ。 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2019年5月18日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。