占いツクール
検索窓
今日:246 hit、昨日:188 hit、合計:79,208 hit

□10. ページ11

新一 side.



「はい、それ被ってあなたもスピリッツ応援しなさい」


渋々と座り直した俺の頭に被せられた帽子。
隣に居る灰原を見れば、うっすらと口元に笑みを浮かべてる。


「え、だってオメー…」

「大丈夫、あたしは新しいの買ったから」


そう言って彼女が取り出したのはスピリッツ…ではなくてビッグ大阪の帽子。


「ビッグ大阪?…お前やっぱり」

「勘違いしないで、色が気に入っただけよ」

「ったく、素直じゃねーなぁ」


やっぱり好きなんじゃねーか。
…という言葉は飲み込んで、帽子のツバを後ろに向ける。

ふと、隣からの視線に気がついた俺はちらりと横を見る。



「……なんだ?」

『…いや、服部くんみたいだなって』

「…はは、」



俺をじっと見つめていたAは、小さく笑ってそんなことを言い出す。

───かと思えば、試合に視線を戻してキラキラと楽しそうな表情を浮かべてる。

……相変わらずコロコロ変わる表情だな、こいつは。



「あら、あなたは試合よりも彼女に夢中かしら?」

「ばっ…、ちげーよ」


子供たちに混ざってワイワイ応援しているAを無意識で見つめていたらしく、灰原に指摘されて椅子に座り直す。

…せっかく試合会場まで見に来てるっていうのにこいつの顔見てどうすんだ俺は。









·







ハーフタイムに売店やトイレに行くのは俺らだけではないのは当たり前。

売店の前は混み合っていて、ついさっきトイレに行ったAが戻って来れるかが心配になる。

…どこか抜けてるけど、蘭みたいに方向音痴では無いし大丈夫だとは思うけどな。


人混みの中で売店の列に並んでいると、ポケットに入っていた携帯が震えた。

取り出して見てみれば蘭からの着信。



「……悪ぃ、俺ちょっとトイレ!」


それだけを告げると、俺はこの場を駆け出した。

□11.→←□9.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (76 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
596人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 工藤新一.江戸川コナン , 11人目のストライカー   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぱぴこ(プロフ) - 茜さん» ありがとうございます!!そう言っていただけると嬉しい限りです!!ぜひこれからもよろしくお願いします! (5月23日 20時) (レス) id: 9511f3d914 (このIDを非表示/違反報告)
- おおおお毎回お話が面白すぎて毎日楽しみです!頑張って下さい! (5月22日 18時) (レス) id: fc9bd81442 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぱぴこ。 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2019年5月18日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。