占いツクール
検索窓
今日:36 hit、昨日:188 hit、合計:78,998 hit

□1. ページ2

·




『…かっこいい』


私たちの目の前でボールを持つ“彼”を見て、私はぽつりと呟いた。

そう、私たちが来ているのは米花スポーツランド。
抽選で当たったサッカー教室のために少年探偵団のみんなと共にやってきた。



「じゃあ、そろそろこっちも始めようか」


ヒデ選手の言葉に元気よく返事をするみんなにワンテンポ遅れて「は、はい…」と小さく言う。

間近で見るとさらにかっこよくて、思わず緊張してしまう。

…ちゃんとした姿で会いたかったのに。



「あ、10番と11番の2人!」


10番は新一、11番は私のことだ。
呼び止められて大きく肩をすくめると後ろを向く。

なにやら最初は4人でやるから私達はその次でお願いしたいらしい。

人数が多いと大変だもんね。


戻ってきた私と新一に「どうしたの?」と目線を合わせるように腰をかがめた蘭が言う。


「少し休んでろって…初めは4人だけでやるって!」


新一がそう答えた時だった。
蘭と園子の奥───ウトウトしていた小五郎のおじさんに話しかける1人の男性。


「私、日売テレビのスポーツ情報局部長、山森と言います」

「あ、ああ…」


右手を差し出した山森さんに、戸惑いつつも握手をするおじさん。


「いやぁ、有名な探偵の毛利さんに会えるなんて感激だなぁ!香田ちゃん、1枚撮って!」

「はーい!いいですよ!」



香田ちゃん、と呼ばれた女の人は振り返ると2人の写真を撮る。

山森さん?だっけ。
強引な人…っていうか変わり者っていうか。


「彼女は日売新聞のカメラマン、香田薫くん。前は社会部にいたんですが、今年スポーツ芸能部に飛ばされたんです」

「山森さん!何もここでそんな話…」

「でも!こっちでいくつかスクープを物にしたら社会部に戻してやるって言われてるんだよね〜?」

「え、えぇ…」


よく分からない事情を聞きながらも、私はあくびを零す。…だってあんまり面白くない。



『早くサッカーやりたいな…』

「球技苦手なのに?」

『んな…!』


私の呟きが聞こえたのか、新一はからかうようにニヤニヤしながらこちらを見ていた。

…自分がちょっとできるからって!!



『サッカーも野球も観ます!!』

「観るだけじゃ上達しねーぞ?」

『うるさいなぁ、サッカーバカ!』



そんな会話を繰り広げていると、向こうを指差した園子が「ねぇ、あれ見て!」と声を上げた。

□2.→←設定



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (76 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
596人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 工藤新一.江戸川コナン , 11人目のストライカー   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぱぴこ(プロフ) - 茜さん» ありがとうございます!!そう言っていただけると嬉しい限りです!!ぜひこれからもよろしくお願いします! (5月23日 20時) (レス) id: 9511f3d914 (このIDを非表示/違反報告)
- おおおお毎回お話が面白すぎて毎日楽しみです!頑張って下さい! (5月22日 18時) (レス) id: fc9bd81442 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぱぴこ。 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2019年5月18日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。