占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:243 hit

だるまさんがころんだ ページ6

菊「だ・る・ま・さ・ん・が・こ・ろ・ん・だ」
皆はピタリと止まる。
菊「さすがに最初に動く人はいませんか。だ・る・ま・さ・ん・が・こ・ろ・んだ」
岡島「は?」
村松「おいバカ!」
菊「岡島さん、村松さんアウトです。」
バキュンバキュン
岡島「な…く、く…そ…」
村松「ちっ…ぐはっ…」
菊「あと3人タヒねば終わりです。だ・る・ま・さ・ん・が・ころんだ」
奥田「あっ!!」
狭間「ふ、人を●したやつの末路なんてこんなもんね。」
菊「はい、●します。」
バババ
奥田「きゃっ!」
狭間「ふふふ…」
菊「あと1名ですよ〜だ・る・ま・さ・ん・がころん・だ」
倉橋「急に速さが変わるなんて…」
菊「倉橋さん、アウトです。」
パン
倉橋「皆、がん…ばっ…て、ね…」
菊「はい、これでだるまさんがころんだは終わりです。残りは16名です。」
磯貝「…俺はクラスメイトを守れないのか…」
櫻「それは皆同じだよ…早く黒幕を見つけ出して出来るだけ多くの人で帰ろう?」
渚「そうだね、落ち込んでても何も得がないもんね。」
業「…誰なんだろ…菊姫、2つめのヒントは?」
菊「2つめのヒントはあなたたちのことを恨んでいます。」
業「俺たちを恨んでいる…?」
渚「どういうこと…」
木村「特にいじめとかもなかったのにな…」
中村「ん〜誰なんだろ…」
茅野「思い当たる人は…いないな…」
不破「私たち何かしたのかな…」
速水「…何かあったかしら…」
神崎「思い当たる節は…ないです。」
杉野「恨まれるようなこと…か。」
千葉「……」
寺坂「特に思い当たることはねえな。」
イトナ「誰かが何かされてたんだよな…」
櫻「何で…何で…」
菊「…あなたたちにはわかりませんか。それでは次にいきます。片岡さん、1〜3で選んでください。」
片岡「1で。」
菊「わかりました。それでは皆さんには射撃ゲームをしてもらいます。このゲームは獲得ポイントが少なかった5人を●します。5人より多くなるかもしれませんが。」
業「射撃か…」
渚「…射撃は人によって上手い、下手があるから…」
菊「それでは頑張ってください。」

射撃ゲーム→←黒幕を許さない



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 0.0/10 (0 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
設定キーワード:暗殺教室 , ゲーム , ホラー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:すみれ | 作成日時:2018年4月17日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。