占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:90 hit、合計:50,114 hit

211 ページ24

出久の自損覚悟で轟の氷結を撃ち砕く様子に目を逸らしそうになる。遠目でも分かる赤黒く変色した指、苦痛に歪む出久の表情。あまりにも痛々しく、それでいて互いの“何か”をぶつけ合う壮絶な戦いに目を逸らす事も出来無い。

出久が轟を倒すにはどう足掻いても個性を使うしか無い。個性も才能も、判断力もきっと轟の方が上だ。出久の場合、攻撃するにしても、防ぐにしても自身を傷付けなければならない。

そんな状態で勝てる程、轟は甘くない。特に…

自然と僕は観客席に居るエンデヴァーを睨み付けてしまう。轟の過去、そしてエンデヴァーに対しての強い憎しみが似た様な境遇を持ったせいだろうか、彼に触発されて憤りを感じる。

轟を縛る鎖…それは紛れも無くエンデヴァーに対する憎しみだ。野望の為だけに傷付けられた彼の母親は僕の祖母と同じ。

今の轟はきっと、出久を見ていない。ただ出久に右の力だけで勝って、エンデヴァーを完全否定する事しか頭に無いのだろう。

エンデヴァーから目を逸らし、ジジを見るとどうやら向こうも僕を見ていた様で、目が合った瞬間、胸糞悪い笑みを浮かべやがる。

両親がエンデヴァーの個性婚について知っているなら、ジジが知っていても可笑しくは無い。何せ、自分も同じ事をしていたのだから。

エンデヴァーの望みはオールマイトを越える存在を作り上げる事。だったら、ジジの望みは何?エンデヴァーの様にオールマイトを越える存在に仕立て上げたい訳では無いだろう。

仮にヒーローにしたいだけなら既に母さんだって立派なヒーローになっている。孫の僕に固執しなくとも願いは叶っている筈だ。

それでも僕に固執するのは別に理由があるからに他ならない。薄気味悪いジジの事だ。きっと碌でもない事しか考えていないのだろう。

僕も轟もお前達の言いなりにはならない。自分の生き方くらい自分で決められる。他者が引いたレールなど知ったこっちゃない。

僕等は好きに生きるだけだ。

212→←210



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (37 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
110人がお気に入り
設定キーワード:僕のヒーローアカデミア , ヒロアカ , MHA   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

パル(プロフ) - ウサギさん» コメント有難う御座います!!良い文なんてとんでもないです!1日で読んで下さったんですかΣ(・ω・ノ)ノ有難う御座います!!(><)これからもダラダラとした進行度ではありますが、どうぞよろしくお願いします!! (6月1日 11時) (レス) id: a050d7518b (このIDを非表示/違反報告)
ウサギ - 良い文ありがとうございます。 今日発見したが、すごくおもしろくて一日で全部読んでしまいました。 これからも頑張ってください。 (6月1日 11時) (レス) id: 7b63bf87a4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:パル | 作成日時:2018年5月22日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。