占いツクール
検索窓
今日:413 hit、昨日:525 hit、合計:42,951 hit

ページ3

.

実は彼女、Aさんとはこれが初対面じゃない。

この屋敷に入院して二、三日たった頃の夜に初めて会ったのだ。
あの日も炭治郎はぐっすり寝ていたっけ。
なんとなく眠れなかった俺はぼんやり窓の外を見ていたんだけど、窓際からそっとこちらを覗いてくるAさんと目が合った。
思わず叫びそうになった俺の口を彼女は無理やり押さえて

『驚かせてごめんって!ボクは炭治郎の家族だからっ(小声)』
声をひそめて必死に弁解する姿はなんとも可愛らしい。言わないけど。
思わずときめいてしまったよ。言わないけど。

何故か炭治郎には黙っていて欲しいと念を押さた。
けど、炭治郎 結構疑ってるぞ?完璧には気づいてないけどね。

なんだか抜けた姉弟だなと呆れる俺。

Aさんは、寝息を立てる炭治郎の額を優しく撫でている。
その顔はお姉さんだ。

「機能回復訓練ってそんなに辛いんですか?」

『分かんない。ボクも受けたことないから』
入院したことないからさ。参考にならなくてごめんね。
そう話す彼女の声色は優しくて心地良い音を奏でていた。
心地よ過ぎて眠くなってくる。

『ふふっ、寝ていいよ』
今は、おやすみ。

その言葉を最後に、俺の意識は沈んだ。


善逸side 終



『……善逸くん、寝ちゃったかな』
寝息が三つに増えたことを確認して、ボクは手元に目を落とした。

安らかに眠る弟。
頑張り屋なキミだからきっと上手くやれるよ。信じてる。
でもね……

『無理は、し過ぎないでね』
額にそっと口づけをし静かに傍を離れる。
良い夢を見れるおまじないってやつ。受け売りだけど。

窓際に飛び乗り、ふと振り返る。


『良い夢を』


フワリと窓から降りると足音を立てずにその場を立ち去る。


月明かりの中、花瓶の花が新しい仲間を歓迎するように寄り添っていた。


.

第 陸 幕→←第 伍 幕



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (36 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
123人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 薄桜鬼
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:タートル | 作者ホームページ:http  
作成日時:2019年12月11日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。