占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:255 hit、合計:43,181 hit
私と牛島くんの接点。


食事のときに席が隣で、――左手と右手がたまにぶつかること、

だけ。執筆状態:完結

苗字、あだ名の設定が可能 (設定する)未設定  








 

おもしろ度の評価
  • Currently 9.98/10

点数: 10.0/10 (378 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
95人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー , 白鳥沢 , 牛島若利   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

いっぬ - 切実に好きです! お時間がありましたら続きなど書いてもらいたいものです… (12月18日 20時) (レス) id: d252da7bff (このIDを非表示/違反報告)
時間一日(ときまいちじつ)(プロフ) - コメント失礼します。とても素敵な作品で、最後の話とかニヤニヤが止まりませんでした笑お疲れ様でした。いい作品を本当にありがとうございます。 (12月16日 18時) (レス) id: 4c0ef34530 (このIDを非表示/違反報告)
わいちゃん - とても素敵なお話でした。天童のチョコアイスのくだりは笑いました。本当にありがとうございます。半年はこれで生き抜ける謎の自信があります。 (12月16日 18時) (レス) id: 6e734170e1 (このIDを非表示/違反報告)
ますしん - 最高でした。ありがとうございます。でもその後が気になっちゃう… (12月12日 0時) (レス) id: 3f29246aab (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ふうりり | 作成日時:2019年12月3日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。