占いツクール
検索窓
今日:158 hit、昨日:240 hit、合計:177,728 hit

第拾弐話 ページ14

今までに無い大きさの鬼(・・・・・)
倒した鬼と比べ物にならない程だった…

『ハ、ァ…ハァッ…』
貴方は呼吸が乱れた…


ある場所で2人の少女少女の会話があった…


真菰「ねぇ錆兎。炭治郎、アイツ(・・・)に勝てるかな?」
左上の頭に狐のお面をつけている少女
お面には花柄がある

錆兎「……分からない」
同じ狐お面を付けている少年
お面の右側には傷の様な模様があった
少年は2つに割れた石の上に胡座(あぐら)をかいて座っていた

錆兎「努力は、どれだけしても足りないんだよ…。
知ってるだろう。それはお前も…」


剣士は必死に走る…
しかし、

剣士「うっ!」
木の根に引っかかり、転んでしまう

剣士「なんで大型の異形がいるんだよ〜ッ
聞いてないこんなのッ!!」

手鬼「はぁ〜…」
ある手には別の剣士を持っていた
その剣士を見た。
しかし

『ッ…死ん、でるッッッ…』
そう…もう逝ってしまったのだ
しかし、何故わかったのかと云うと…

貴方の目は生きている物から文字(・・)が見える
死んだ物からは文字が出ないから、すぐさま解ったのだ

手に持っていた剣士は持ち上げられる
そして顔より下にある手と手の間が空く

いわゆる口。
その口は唾液だらけであった…

手鬼「ア"ァ〜…」
と云い口に入れた


グチャッ!、グチュッ!、グチョッ!、グチャッ…


『ッッッ…』
貴方は目の前の事に恐怖を感じた…
手鬼は先程よりも大きくなった…
更に強くなったことを、貴方は気づいたのだ

剣士「ぁぁ、ぁあ、あぁ〜〜ッ!!」
怯えながらも立ち上がり走る剣士

手鬼は1本の手を出した
そこから色んな手が融合し剣士の方へ飛んでいく

剣士は左足を取られた
剣士「ぎゃあ"ぁあああああああッ!!」

(『食べられるッ!、頑張れ私ッ
目の前の恐怖がなんだっ、助けずに後悔するより…

助けて後悔した方がマシだッ!!』)
そう云い隠れた木から離れて走った

(「水の呼吸 弐ノ型…」)
(『季節の呼吸 壱ノ型 春…』)


(「『_____水車!/春風駘蕩!』」)


同時に刃を抜き、そして同時に斬る

「『え、…炭治郎くん!?/ハルミさん!?』」

2人は同時に驚いた


ズザザザザッ…!


そしてほぼ同時に着地する
剣士は炭治郎の方に落ちた

炭治郎はその剣士の前に立ち、刃を手鬼に向けた
貴方は鬼が炭治郎を見ている隙に炭治郎の方へと行った…

炭治郎「ハルミさん!どうして!?」
『私も聞きたいけど、今は鬼をッ!』
そう云った

第拾参話→←第拾壱話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (79 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
191人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , アニメ沿い , 愛され   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Fukumin(プロフ) - ミカゲさん» すすす、すみません!!間違えました!!ありがどうございます!!(汗 そしてこれからも頑張って行きます!今後もどうぞ、よろしくお願いします!! (12月26日 12時) (レス) id: 6726d13635 (このIDを非表示/違反報告)
ミカゲ(プロフ) - 初めまして!お話面白い作品でとても楽しんでいます!ただ、鬼滅隊ではなく鬼殺隊ではないでしょうか?もし、わざとであるのであればすみません(-。-;これからの展開も楽しみにしています!頑張ってください! (12月26日 11時) (レス) id: d7bb07a695 (このIDを非表示/違反報告)
Fukumin(プロフ) - 山さんさん» オチはまだ考えてないのでね〜…。どうなるかお楽しみに!!(私は炭治郎が好きです) (10月17日 19時) (レス) id: 6726d13635 (このIDを非表示/違反報告)
山さん - もうオチは逆ハーで終わった方が僕的には嬉しい← (10月17日 0時) (レス) id: 118fe0956f (このIDを非表示/違反報告)
Fukumin(プロフ) - (^-^)さん» 天元「おぉ!俺派手派手だなぁ!」義勇「…。俺は嫌われてない(キリッ」煉獄「わっしょい!わっしょい!!ありがとう!(^-^)! (10月14日 10時) (レス) id: 6726d13635 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Fukumin | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2019年7月24日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。