検索窓
今日:3 hit、昨日:2 hit、合計:216 hit











いくら惨めで、不甲斐なくて、何をやっても上手くいかなくなっても。




運動が苦手で、読書が好きで、歴史を学ぶのが好きで、恋すらまともに出来なくて。













こんな僕は自分が嫌いだ。


でも、この世界の僕は、僕でしかないから。








何があっても、僕は僕でありたいと願うかもしれない。




いつか、「“僕”が“僕”で良かった」と思えるようになりたい。















ちょっとでいいんだ。僕の話、聞いてくれないかな?






ーーーーーー
ちょっと暗めかもです。

作者の思いを吐いていく場所なので。


そして、少し口が悪いです。







苦手な方は回れ右。執筆状態:連載中




おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (2 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定タグ:日記 , 愚痴 , 悩み , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

はる@四季(プロフ) - 天雨さん» 共感してくださってありがとうございます。「凄い」って言われるだけで僕は救われる。 (11月30日 17時) (レス) id: 17e09ea40f (このIDを非表示/違反報告)
天雨(プロフ) - 烏滸がましいことを言うけど、「頑張れが嫌い」って言うのはわかるなぁ。もうすでに頑張ってるのに、それを理解してもらえないから…それにしても成績トップ5ってすごいね!何も知らない俺が言うのはアレだけど、はるさんは本当にすごいよ (11月27日 17時) (レス) @page2 id: be6153d092 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:はる@四季 | 作者ホームページ:No.  
作成日時:2022年11月4日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。