占いツクール
検索窓
今日:46 hit、昨日:962 hit、合計:374,866 hit

ページ31

宮舘と渡辺は同じ町の出身だった。
町の人全員顔見知りの、小さな商業の町だ。
生まれた時から家が隣同士だった2人は、物心着く前から行動を共にしており、同じ学校を出、同じ軍の射撃部隊に所属していた。

そう、確か…まだ両手の指ギリギリ入るかどうか、くらいの実践の時だ。
当時はまだ今より戦争が多く、その軍では実践=戦場、なんていう新兵殺しの軍で。
それでも相性が良く、新人にしてはとても優秀な戦績を収めていた2人は「期待の新生」と言われるほどになっていた。

その日、初めて2人きりの作戦を任された。
しかしその日、渡辺は少し体調が悪そうだった。他の人は気付いていないくらいのものだったが、宮舘はすぐに気がついた。
戦場ではその「少し」が命取りになる。宮舘は別の隊員にやってもらおうと言いに行こうとしたのだが、それを渡辺が止めた。

宮舘「…じゃあ俺が翔太の事守り抜いてやる。約束」
渡辺「あはは、涼太が守ってくれるなら頼もしい」

結論から言おう。
その実践は、当時の上司があまりに目覚ましい活躍をしていた2人を恨んで、ハメようとしていたが故に組んだものだった。
まだ実践を始めたばかりの2人に対して敵は100人強存在していた。

約束を、守れなかったのだ。
2人の実力でやっと半数、何とか半数倒し切った所で、渡辺は胸部と腕を撃たれ、倒れてしまった。
「俺はいいから殲滅して!」と叫ぶ渡辺を無視して、宮舘は命からがら重傷を負った渡辺を背負い、ベースキャンプへと戻った。
上司は待ってましたとばかりに、2人をとことん責め、証拠も綺麗に隠蔽された2人に為す術もなく。
渡辺が完治した直後、2人はその軍を辞めた。

戦線の第1線から退くようになったのは、あの時の約束を破ってしまったから。
情報伝達部に入ったのは、もう悪事の証拠隠滅をされないように。
「電子の力」を肩代わりする事に決めたのは、情報室からでも渡辺の事を守れるように。

だから。
だから、時折宮舘は、あの日破ってしまった「渡辺を守り抜く」という約束を、果たそうとする。
あの「太陽の彼」が陰らないように、覆いそうな雲は全て払おうと。
──彼の目が赤いのは、曲げない信念の情熱から来ている、という事を彼はまだ知らない。

*→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (341 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
859人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , ファンタジー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

サラダ(プロフ) - 湊都さん» ありがとうございます!ちなみにめめは佐久間のこと君づけします、。ホントにたくさんすいません、! (2月14日 22時) (レス) id: a856ca8d9b (このIDを非表示/違反報告)
湊都(プロフ) - サラダさん» ありがとうございます(土下座)。呼称は本当にわからないのでありがたいです。書き直します。 (2月14日 21時) (レス) id: 9124562c1c (このIDを非表示/違反報告)
サラダ(プロフ) - 紅一点小説を書いているものです。Twitterで見かけて読んでみたらはまりました!!ページ21の紫色の目をした軍人というあたりで"ふっかくん"と読んでいますが、康二君は"ふっかさん"って言います。ぜひ知っていていただきたいです!! (2月14日 19時) (レス) id: a856ca8d9b (このIDを非表示/違反報告)
おちゃ(プロフ) - 湊都さん» お答えいただきありがとうございます。あべさくですね!色の表現も素敵です!変な質問失礼しました。 (2月5日 20時) (レス) id: aae655c3b8 (このIDを非表示/違反報告)
湊都(プロフ) - かごめさん» ありがとうございます。刺さっていただいたようで何よりです (2月5日 19時) (レス) id: 9124562c1c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:湊都 | 作成日時:2020年1月30日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。