占いツクール
検索窓
今日:115 hit、昨日:939 hit、合計:317,864 hit

作品のシリーズ一覧 [完結]

JN「変ですよねー、マネージャーと俺、
前にあった気がします」


YG「よくある口説き文句ですね」


HS「マネージャーに、前にあったことがあるなら、忘れるわけないですよ」


NJ「たしかに、マネージャーには
感謝しきれないですよ」


JM「マネージャーって、そもそもなんで僕らのマネージャーになってくれたんですか?」


TH「7人のうち、気になる男でもいたんですか?」


JK「マネージャー、
実は僕もマネージャーに会ったような気がする
んです。わからないけど、
思い出せないけど、どこか高いところ。
高くて綺麗で、多分夜でした」









どうやら、ジョングクの記憶は、
十分に消されなかったらしい。


会ったどころか、、、って
言いかけて、私はやめる。

何回助けたと思ってるんだ。



何回ものタイムループを超えて、
今の防弾少年団がある。


“彼らが世界的アイドルになったその時、
君に死をあげよう”


私は私が死ぬために、
何度もループし、
何度もあなたたちを助けた。







『バカじゃないの、
あんたたちみたいな
やかましい奴に会ったら、
忘れたくても忘れられないわ』







.執筆状態:続編あり(完結)






































おもしろ度の評価
  • Currently 9.99/10

点数: 10.0/10 (276 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
977人がお気に入り
設定キーワード:BTS , バンタン , ジョングク
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:やきにくさん | 作成日時:2021年2月28日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。