占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:6 hit、合計:47,994 hit

〜188〜 ページ44

“実は俺、二股してた”





“翔さんに「結婚してほしい」って頼んだら、「お付き合いからでよければ」ってオッケーしてくれたの!”





“櫻井さん、社長令嬢と結婚するみたいなんです





“式は挙げないけど、でも夫婦になるって大々的に発表してて、”




笑えない。


本当に笑えない。


なにこれ。現実?



・・・・・・分かってる。分かってるよ。


自業自得。

罰が当たったんだ。



「・・・・・・Aは悪くねぇよ」


違う。

そうやって甘やかさないで。


お願いだから責めてよ。





“智くん捨てて俺の元に戻って来い”



・・・・あの時、もし頷いてたら今頃どうなってたのかな。

でも、そうしたら智が離れてしまう。



・・・・・・・・もう、どうでもいいや。

どうでもよくなっちゃった。



「どうでもよくなんかない。・・・・もう少し待ってて」



待つって、何を?


.









.









.



『・・・・・・・・ん、』


目の前が光で包まれる。

そこにいたのは、つらそうな表情をした智だった。


・・・・さっきの声って、智?


っていうか何で私寝てるの?


『・・・・ここは・・・え?何で私、』

「・・・佐倉から聞いた。翔くんが結婚する話聞いた途端倒れたんだって?帰ってきたら全員大騒ぎでビックリしたわ」


結婚、という単語に頭がぐらりと揺れる。


ダメだ。しっかりしないと。


『さ、智が運んでくれたの?』

「うん。・・・・ごめんな。俺のせいで」

『え?な、何で謝るの?智は何も悪くないじゃん』

「でも、俺が・・・・」

『選択肢を増やしたのは智だけど、選んだのは私だから。・・・気にしなくていいんだよ』


それに、結婚は翔くんの意思だろう。智は何の関係もない。


『それより、さっきから話しかけてくれてたのって智?』

「そうだよ。お前寝言で色々言ってるから、思わず返事しちゃってさ」

『え?な、なんて言ってたの!?』

「「罰が当たったんだ」とか「もうどうでもいい」とか」


そこで私は納得した。

私の心の中を読んだんじゃなくて、単純に寝言で言ってただけなのね。

なにそれ恥ずかしい。


『そ、そっか・・・・それじゃあ、「もう少し待ってて」っていうのはどういうこと?』

「・・・・・・・・」


智は何度か視線を泳がせてから



「・・・・・その時が来るまで内緒」



悲しそうに笑った。

〜189〜→←〜187〜



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (74 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
237人がお気に入り
設定キーワード: , 櫻井翔 , 大野智
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

nao(プロフ) - 主人公も智君も最低ですね。翔くんと別れてほしいです。 (3月31日 12時) (レス) id: 3ab06130a8 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:みかづち | 作成日時:2020年3月30日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。