占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:110 hit、合計:47,988 hit

〜177〜 ページ33

しばらくしてから「翔くんがどうかした?」って小さく問われる。


翔くんじゃないならこの人誰よ。

ああでも、看病してくれてるんだから知らない人じゃないはず。

二宮くんと相葉くんは違うかな。
松本くん・・・・ってわけでもなさそうだけど。


じゃあ誰?


・・・・・・なんて、どうでもいいか。


智だ智。

違和感があろうとこの人は智だ。


それでいいじゃん。



「A?」

『・・・・・・私ね、これからずっと、智と一緒にいたい・・・・』

「!・・・・うん」

『あの日の選択を・・・・後悔してるわけじゃない・・・・』

「・・・・うん」

『・・・・・・・・でも、あの時もし、翔くんの手を離さなかったらどうなってたんだろうって・・・・いつも思うの・・・・・・』

「・・・・・・・・」


後悔してないのは本当。


あの時、翔くんを選んでたらきっと智は本当に遠くへ行ってしまってただろうから。

例え薫ちゃんとしてでも、そうじゃなかったとしても、結果は同じ。



だけど。


『翔くんと会えないのとか・・・・社長令嬢と付き合ってるとか・・・・全部、モヤモヤする』


嫉妬なんてするべきじゃないって分かってるのに。


『だからって、智と離れられるかっていうと無理なんだけど・・・・・・』

「・・・・翔くんのことはもう忘れたら?」


絞りだされた切ない声。

まるで「忘れてほしい」って言ってるみたい。



・・・・・・でもね。


『忘れられるわけないよ・・・・』


だって。



『大好きなんだもん・・・・・』

「・・・・・・・・ならどうして、」


その先は続かなかった。


言わなかったのか、言えなかったのか。



それは分からないけど、彼は一つため息を吐いて立ち上がった。



『どこ行くの・・・・?』

「・・・・・これ以上は、無理だから」

『無理ってなに?ねぇ、・・・・んっ』



待ってよ、と言う前に唇が塞がれる。


・・・・触れるだけのキスだけど、覚えがある。

これは、




『・・・・しょう、くん・・・・・・?』




翔くんがいつもやってたキス。


・・・・・・なんて。翔くんなわけがないのに。夢見すぎ。




__________あ、これ夢か。夢だ。



翔くんが好きすぎて夢見ちゃってるんだ。



自己完結するともう全部どうでもよくなっちゃって。




「・・・・おやすみ」




心地いい低音に、私の意識はゆっくりと落ちていった。

〜178〜→←〜176〜



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (74 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
237人がお気に入り
設定キーワード: , 櫻井翔 , 大野智
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

nao(プロフ) - 主人公も智君も最低ですね。翔くんと別れてほしいです。 (3月31日 12時) (レス) id: 3ab06130a8 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:みかづち | 作成日時:2020年3月30日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。