占いツクール
検索窓
今日:13 hit、昨日:90 hit、合計:11,285 hit

幕間_1(番外編的な) ページ7




裏話





モミジさんは自己中に見えて自己中ではない。シュトラの猛アタックにより渋々結婚したそう。

「モミジ!」

「キャアアアァァァァ!変質者よ、ミラン」

先回りしてくるシュトラはストーカーである。そして前々話に出てきたミランは実はモミジ様付きのメイド。

「確かに僕は暗殺者じゃない!けど!結婚!して!くだ!」「お断りですわ」

暗殺一家の生まれはモミジの方。シュトラは実はハンターだった。なので暗殺の腕ならモミジのが上なんだ多分。

ハンターで樹海に来てたシュトラはたまたま(偶然)旅行に来てたモミジ様に一目惚れ。

「モミジィィィィ!」

「イィィィヤァァァァア!!!!」

それを理由にモミジは割りとシュトラにドライである。因みにモミジの元婚約者はシルバだったとかなんとか。

なのでシュトラはシルバ達を目の敵にしている。しかし普通にタイマン張れるくらいには強いぞ!

「シュトラ、娘が生まれたわ。名前はAにしましょうそうしましょう」

「分かったよモミジ!」

冷静を通り越して冷たいモミジさんはギャップというやつだ。そうに決まってる。

因みにモミジさんは黒髪に真っ赤な目の美女である。そしてシュトラは金髪、琥珀目の美男子であり、蒼目のAを見て戦慄したらしい。

え、誰の血引いてるのこの子。

最初は浮気じゃないか心配してらしい。蒼目と言えば?シルバさんだよね、うん。

しかし!モミジの曾祖父(ひいじいちゃん)が蒼目だと発覚!そんなに遠いとこからよく血引いてきたな。




約束と鍛練_0→←人質と念_4



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (55 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
300人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:操菜 荘椏 | 作成日時:2019年1月14日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。