占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:17 hit、合計:224,092 hit

2説目 ページ3

Aside


キヨ「いってきまーす」



いってらっしゃーい、とキヨのお母さんの声が聞こえ、キヨの家を出た。



A「キヨくん、きょぅもがんばろぅねぇ♡」



キヨ「スイッチ入るの早ぇな」



A「ふぇ?なんのことぉ?ゎたしゎかんないなぁ...」


自分でもこれは気持ち悪いと思う。

でもさぁ。ここからイケメン女子になったりしたら面白くない?


人の面白い顔見れるし、キヨはなんやかんやでノッてくれるし。





ヒラ「お?おはよー」



フジ「カップル仲良く登校ですか」



キヨ「うるせぇ」


早々にフジの足を蹴るキヨ。

...何気嬉しそうなフジは無視しよ。





ヒラ「おはよっ!A!」



A「ヒラくんぉはよぅ♪」



こーすけ「スイッチ入るの早すぎてツボる」



A「もぅ、じっさぃゎらってないでしよぉ?」



こーすけ「まぁな」



登校中の数名の女子がこちらを見る。

いやぁ、面白い。

見事に汚物を見るような目を向けられてるよあはは()




一人称自分の名前にしよっかなぁとか思ったけどめんどくさいしだるいからやめた。




A「んじゃ、先行くね。」



キヨ「またなー」



フジ「お昼行くから待っててね」



A「軽くいじめられるから辞めて」


ヒラ「呼び捨てで呼んであげるよ」


A「サイコパスの欠片。」


じゃ、と手を振って教室へ急いだ。
何故か?



「きゃあああああ!!!まふくんだああああ!!!」



「そらるくんも一緒に登校してる!かっこいい!」



いや、いつも一緒に登校してるぞあいつら。
なんて欠伸をしながらツッコみ、席に座った。


黄色い歓声がBGMは流石に嫌なので、イヤホンでもして王子様(笑)の歌でも聞こ。

3説目→←1説目



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (207 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
588人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , 実況者
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

くるす?*。(プロフ) - 気まぐれ猫狐さん» だめだッ!!!生きるんだ...ッ! (12月28日 18時) (レス) id: 1334bd37ab (このIDを非表示/違反報告)
気まぐれ猫狐 - ダメだw笑いすぎて息がww......(チーン)← (12月28日 17時) (レス) id: 3b5a43403c (このIDを非表示/違反報告)
くるす?*。(プロフ) - イチゴプリンさん» フレンズネタこの小説多いですよね!!!(作者)吹いていただけるとネタの使い回しができますありがとうございまs((黙 (12月28日 12時) (レス) id: 1334bd37ab (このIDを非表示/違反報告)
イチゴプリン - わあ!君はお絞りを投げたくなるフレンズなんだね!!!!のとこ、めっちゃ面白くて思わず吹いちゃったwww (12月28日 12時) (レス) id: 645f74247e (このIDを非表示/違反報告)
くるす?*。(プロフ) - 雨傘響音さん» ハッ...!無知が発動してしまった...!!!!(アホ) (12月27日 13時) (レス) id: 1334bd37ab (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:くるす* | 作成日時:2017年11月25日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。