検索窓
今日:234 hit、昨日:419 hit、合計:54,251 hit
| CSS 両親と私は、血が繋がっていなかった。


「……一度しか言わんから。俺の言うこと、よく聞いとけ」


それでも、やけに淡々とした声で語る彼の薄青の目は。
正真正銘、私の両親と繋がっているのだった。



※ATTENTION※

・本作品は実在する方のお名前をお借りしておりますが、ご本人様には一切関係ございません。
・本作品は夢小説です。
・方言の誤表現、キャラ崩壊等を含む可能性があります。
・設定等の捏造

他作品
作品まとめ執筆状態:完結

















































おもしろ度の評価
  • Currently 9.94/10

点数: 9.9/10 (132 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
366人がお気に入り
設定タグ:wrwrd , d! , kn
関連タグ:zm , tn , WT , ut , 日常組 , 魔d!
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

todo(プロフ) - 清水さん» コメントありがとうございます。お兄さん、果たしてどんな人なのでしょうか(すっとぼけ)。作者の欲が詰まった作品になりますが、最後まで見届けていただけると嬉しいです。更新頑張ります。 (9月12日 19時) (レス) id: 9acdb74707 (このIDを非表示/違反報告)
清水(プロフ) - コメント遅れました…!新作おめでとうございます。夢主ちゃんの兄さんって、もしかして………?今後の展開がとても気になります。!更新頑張ってください! (9月12日 14時) (レス) @page10 id: 17bca52c33 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:todo | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2022年9月10日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。